「日本による強制動員被害」の世界記憶遺産目指す韓国 対日「歴史戦争」で慰安婦問題に続く歴史カードづくり狙う
 「明治日本の産業革命遺産」として長崎市の端島炭鉱(いわゆる軍艦島)などがユネスコの世界文化遺産に登録されたのに対抗するため、韓国政府は日本統治時代の「強制動員被害記録」の世界記憶遺産登録を目指す作業を本格的に推進する、と聯合ニュースが報じました。
 いよいよ来ましたね。
 「明治日本の産業革命遺産」登録をめぐるゴタゴタで鮮明になってきましたが、今回のニュースを見ても、韓国が官民挙げて「強制連行(強制動員)」を世界にアピールする意図がミエミエです。

続きを読む
posted by 永遠の旅行者 at 16:29 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
韓国褒め殺しの嫌韓マンガ「テコンダー朴」を国会議員批判、尹炳世外相が「対応準備」表明
 韓国国会の定例行事に「国政監査」というものがあります。
 閣僚や各部(日本の省に相当)高官はもちろん、必要なら企業経営者まで国会に呼び、議員が「問題点」などを問いただし、説明させる場です。
 国会議員にとっては、テレビ中継を通じ選挙区民に存在感をアピールできる場で、みんな張り切り、新聞やテレビで自らの名前を報じてもらうために政府部署から入手した資料をメディアが喜びそうな分析を加えた上で競って発表します。

続きを読む
posted by 永遠の旅行者 at 13:08 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月12日
女優パク・シネが韓国中央大に復学、来年2月卒業を目指す
 ここ数年、韓国ドラマではSBSの「相続者」(2013年)や「ピノキオ」(2014年)、映画でも「7番房の奇跡」(2013年)のヒットで絶好調の人気女優パク・シネ。
 STARNEWSによると、パク・シネは芸能活動のため長らく休学していた「中央大学演劇映画学科」(日本の「中央大学」と同名ですが、あくまで韓国の大学です)に復学するそうです。
20150827 三度の食事16-02.jpg
(tvN「三度の食事」より)
続きを読む
posted by 永遠の旅行者 at 20:28 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本の豪雨や地震のニュースで歓喜の声挙げる韓国人 ネット上では「戦犯国家の罪の報い」「富士山噴火しろ」とヘイト書き込み反乱

 今回の台風18号の影響による日本の豪雨被害は大変なものでしたね。
 亡くなった方のご冥福を祈ると共に、被災者が一日も早く通常の生活に戻れるよう応援します。
続きを読む
posted by 永遠の旅行者 at 19:32 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月11日
韓国与党代表の娘婿、薬物使用15回で執行猶予付き判決 「政治的圧力?」「企業経営の親がカネの力?」と批判噴出
 今、韓国で最もホットなニュースは、韓国与党セヌリ党の金武星(キム・ムソン)代表(要は党首)の娘婿が薬物使用で起訴された後、実刑ではなく、執行猶予判決を受けていた話です。
 金武星氏は2017年大統領選の与党の最有力候補と目されているだけに、野党の政治攻勢も激しく、国を挙げた大騒ぎになっています。
20150911 与党代表の婿薬物問題でCAニュース.jpg
(金武星代表の婿の薬物問題を報じるニュース番組 チャンネルAの映像より)
続きを読む
posted by 永遠の旅行者 at 19:29 | ソウル ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
駐韓米大使襲撃の韓国人に懲役12年の判決 「反日=反米」構図浮き彫りの事件、「独島」隠しも続く
 リッパート駐韓米国大使を襲撃し、殺人未遂などの罪で起訴された金基宗(キム・ギジョン)被告に対し、ソウル中央地裁は11日、「殺人の故意があった」として懲役12年を言い渡しました。
 駐韓日本大使襲撃では、側にいた日本人外交官にけがをさせたにもかかわらず執行猶予刑となりましたが、さすがに今回は実刑ですね。
201503 襲撃を受けた米大使.jpg
(襲撃を受けて血を流す米国大使 SBSのニュース映像より)
続きを読む
posted by 永遠の旅行者 at 17:05 | ソウル ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 米大使襲撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする