2015年09月21日
自衛隊の朝鮮半島侵入、米軍の要請でも拒絶可能 韓国国防相が国会答弁、中国の意向汲んだ対応?
  韓国の韓民求(ハン・ミング)国防長官は21日、日本の安全保障関連法成立を受け、朝鮮半島有事などの際に自衛隊が朝鮮半島に進入する可能性について、米軍の要請があっても拒否できると明らかにしました。
 国会の国政監査での質問に答えた、と中央日報が報じました。
 有事の際に韓国軍を指揮する戦時作戦統制権を持つのは在韓米軍司令官ですが、韓国はその言うことを聞かないことを公式に宣言したわけですね。

スポンサードリンク

  建前としては、過去の日本統治に対する韓国内の警戒心を背景にしたものですが、実際には中国を睨んでのことではないでしょうか。

 韓国と北朝鮮が全面衝突する事態となれば、当然、米軍は最終的には北朝鮮領内に侵攻し、首都・平壌の制圧を目指します。


 となれば、米国は自衛隊に後方支援や避難民輸送のため、少なくとも韓国本土や領海内に入って活動するよう要請するのはまず、間違いありません。

 日本としては、なるべく韓国とは関わりたくない気持ちは山々ですが‥。(笑)


 とにかく、韓国政府と韓国軍が感情的な問題でどう思おうが、現実問題として、自衛隊の活動区域を朝鮮半島から遠く離れた地点だけに制限していては、米軍が効果的な作戦行動を行う上で大きな制約を受けるのは確実。


 では、なぜ韓国は有事の際にも自衛隊を韓国領域内に入れたくなのでしょうか?

 
 もちろん、「反日」情緒の強い世論を意識しているのは当然ですが、もっと大きいのは「中国の目」を意識しているためと思われます。

 中国は朴槿恵政権を「離米従中」に誘導し、安保政策についてもアレコレ注文を付け始めました。


 中国が最終的に目指すのは、韓国から在韓米軍を撤退させ、朝鮮半島全体を自らの軍事的な影響下に置くことであるのは、韓国を除く国際社会のほぼ常識となっていますね。

 当然、中国はどんな事態であれ、韓国に自衛隊が入ってくのを嫌がるでしょう。


 ましてや、中国にとって北朝鮮は安保上の「緩衝地帯」であり、朝鮮半島有事の際に米軍が侵攻してくるのを放置しないはず。

 韓国政府に圧力をかけて、米国にいろいろイチャモンを付けさせ、米韓両軍の北進を遅らせ、そのすきに人民解放軍が平壌や核施設を占領しようとするのは、想像に難くありません。


 こうした事情がある中、朝鮮半島で自衛隊に好き勝手な行動をされては困るわけです。


 少なくとも、中国の習近平国家主席に言い訳できません。

 もしかしたら、既に習近平主席が朴槿恵大統領に「指示」を出しているのかもしれませんね。

 以上は全くの憶測ですが、現状を分析すれば、発生確率は高いのではないのでしょうか?



 ちなみに、中央日報によると、韓民求長官は「戦時作戦統制権は米軍が持っているのはでなく、韓米軍統帥権者が一緒に決めること」とし、「われわれ大統領の許諾なしには(進入)できない」と説明しました。
posted by 永遠の旅行者 at 19:55 | ソウル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 膨張中国と対決する日米、従属の韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426473184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック