2015年09月13日
韓国映画「ベテラン」が空前の大ヒットで絶好調のユ・アイン 新作「思悼」も間もなく公開
 先月公開された韓国映画「ベテラン」(リュ・スンワン監督)が観客動員数1000万人を突破する空前の大ヒットとなり、絶好調の俳優ユ・アイン。
 間もなく話題の新作映画「思悼」(イ・ジュニク監督)の公開を控え、注目は高まる一方です。
20150912 ベテランのポスター.jpg


スポンサードリンク

 「ベテラン」は多くの悪行を犯して回る眼中人なしの財閥3世チョ・テオ(ユ・アイン扮)と、彼を追うベテランの広域捜査隊員(ファン・ジョンミン、オ・ダルス、チャン・ユンジュ、オ・テファン、キム・シフ)の活躍を描いた作品。

 典型的な二枚目役が多いユ・アインですが、この映画で見せた財閥3世の傍若無人ぶりは鬼気迫る演技。
 予想だにしないほどリアルな悪役ぶりが似合っており、新たな魅力が多くのファンを惹きつけています。


 ユ・アインはSTARNEWSとのインタビューで、観客1000万人突破の感想を聞かれ「幸せだ」と話しながらも「ロト(宝くじ)に当たったら、幸せを持て余すより、慎重に行動しなければその幸せを維持できないように、あれこれ心配事も多く負担もある。そんな状態だ」と語ったとか。

 さらに「最も心配しているのは僕が高慢になるのではないかということ。スコアは本当に幸運だと思うが、まるでそれが僕だけのものであるかのように高慢になってしまいそうで、俳優としてはそれが最も注意すべき部分だと思う」と述べたそうです。


 なかなか謙虚な受け答えですが、本当にそう思っているとしたら、大した物ですね。


 「思悼」では、演技派俳優のソン・ガンホと親子を演示しています。

 これもヒット間違いなしでしょう。


posted by 永遠の旅行者 at 18:35 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。