2015年09月13日
「日本による強制動員被害」の世界記憶遺産目指す韓国 対日「歴史戦争」で慰安婦問題に続く歴史カードづくり狙う
 「明治日本の産業革命遺産」として長崎市の端島炭鉱(いわゆる軍艦島)などがユネスコの世界文化遺産に登録されたのに対抗するため、韓国政府は日本統治時代の「強制動員被害記録」の世界記憶遺産登録を目指す作業を本格的に推進する、と聯合ニュースが報じました。
 いよいよ来ましたね。
 「明治日本の産業革命遺産」登録をめぐるゴタゴタで鮮明になってきましたが、今回のニュースを見ても、韓国が官民挙げて「強制連行(強制動員)」を世界にアピールする意図がミエミエです。

スポンサードリンク

 今後、朴槿恵大統領の「告げ口外交」(日本メディア)も、こちらに比重がかかっていくのでしょうか?


 「強制連行」の件は、おそらく、露骨な「離米従中」もあって、韓国が対日「歴史戦争」における最大の武器として利用してきた慰安婦問題の神通力が米国で失われてきたことから、新たな「切り札」を創り出す必要があったのでしょう。

 中国との対決を強めている米国は、中国の手先となって「日米離間」を狙う韓国の動きを警戒し、簡単にはその口車に乗らないでしょうけれど、韓国はそんなことはお構いなしに、「強制連行」に「人権問題」というカバーをかけて欧米社会に向け日本非難を執拗に繰り返していくと考えられます。


 韓国の与野党政治家や「反日」市民団体なども、過去に慰安婦問題をめぐり、事情をよく知らない欧米の人権団体や政治家らを取り込みながら日本政府を圧迫した「ノウハウ」を転用しながら、同じようなキャンペーン行動を展開して来るのは間違いないでしょう。

 例えば国連の場で日本非難を繰り返したり、問題解決を促す決議を画策したり、「特別報告者」を設置して日本非難の報告書をつくるように仕向けたり、欧米各地で碑文などを建立しようとするかも。


 朴槿恵政権としては、蜜月関係にある中国との「歴史共闘」を強める上でも、韓国内の「反日」情緒を煽りながら自らの求心力を維持する上でも、「強制連行」に焦点をあてる政策を打ち出していくのは確実。

 安倍政権もうかうかしてはいられませんね。


 聯合ニュースによると、韓国の文化財庁や外交部などは公式に発表していないものの、政府内ではすでに登録を推進する方針が固まったとされるとか。
 先月31日までに行われた文化財庁の「2016年世界記憶遺産の登録申請対象記録物公募」に応募があった登録申請候補12件のうち、強制動員の被害記録物に関する資料は33万6797件に達することが聯合ニュースの取材で分かったそうです。

 これらの記録物は日本統治時代の強制動員被害を調査する韓国の政府機関「対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者ら支援委員会」が2004年以降、11年間集めた強制動員関連記録をまとめたもの。





したたかな韓国 朴槿恵時代の戦略を探る

したたかな韓国 朴槿恵時代の戦略を探る
価格:799円(税込、送料別)

posted by 永遠の旅行者 at 16:29 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック