2015年08月28日
韓国人200人以上がフィリピン売春ツアーで摘発 医師や公務員もぞろぞろ、なぜか若者目立つ
 フィリピンで韓国人が集団売春ツアーを行い、韓国警察に摘発されました。
 韓国人の海外への売春ツアーは結構激しいようですが、売春行為をした男性200人以上が摘発されたというのは、かなり規模の大きな事件でしたね。 


スポンサードリンク

 朝鮮日報によると、釜山地方警察庁国際犯罪捜査隊は26日、韓国人男性たちにフィリピンへの買春ツアーをあっせんした疑いで、L容疑者(35)を逮捕するとともに、フィリピン在住の共犯K容疑者(34)を指名手配しました。
 L容疑者らを通じフィリピンで買春行為をした男性207人も、同様の容疑で書類送検したそうです。

 L容疑者らは昨年1月から今年4月にかけ、韓国国内の有名なポータルサイト内にコミュニティーサイトを立ち上げ、男性会員を集め、買春ツアーの参加者を募りました。

 ツアーでは、フィリピン現地の売春婦と一緒に行動する「皇帝観光」と呼ばれるもの。
 2泊3日基準で110万ウォン(約11万円)を支払えば、売春サービスのほか、車や宿、酒類などを提供。
 L容疑者らは計14億ウォン(約1億4200万円)ほどの収入を得ていたとか。

 報道では、買春ツアーに参加した男性207人には学生、医師、弁護士、公務員も含まれており、年代的には若年層が目立ち、174人が20−30代。


 海外売春ツアーというと中年ややや高齢者と想像しがちですが、韓国では若者が多いのですね。

 これは少し驚きです。


posted by 永遠の旅行者 at 17:18 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 格差と対立の韓国社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。