2015年08月27日
ウォン安進行、対円で10カ月ぶり100円=1000ウォンに 韓国旅行の日本人には朗報
 中国経済減速への不安に端を発した今週初めの世界同時株安は、少し落ち着きを取り戻してきた感じですね。
 まあ、中国の株式市場はもちろん、実体経済が変調を来していることは間違いなく、中国向け輸出への依存度が極めて大きい韓国も、長期低迷を余儀なくされそうです。
 今回の事態での副産物として、アジア通貨の中でも韓国ウォンの対米ドル・レートの下落率が大きく、その結果、ウォンの対円レートは10カ月ぶりに100円=1000ウォンの大台を超えるウォン安が進みました。
20150827_121719.jpg
(本日のソウルは久々の晴天)


スポンサードリンク

 特に「中国発のブラックマンデー」と言われる25日のウォン・円相場は、取引時間中に一時、100円=1010ウォン近辺まで進んだとか。

 ドル円の水準がこの先、大きく円安に振れなければ、対米ドルでのウォンの価値は減価傾向が続く見通しですので、ウォン円レートも当面はこの水準に止まりそうです。

 この秋冬は韓国旅行に出かける日本人にとっては朗報となり、余裕を持って買い物を楽しめそうですね。


posted by 永遠の旅行者 at 21:26 | ソウル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常、グルメ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。