2015年08月23日
北朝鮮の潜水艦数50隻余りが基地離脱、米韓両軍が警戒強化 再開した南北高官級協議の圧迫狙う、決裂なら武力挑発か
 韓国と北朝鮮の南北高官級接触(協議)は本日午後3時半ごろ、南北軍事境界線のある板門店で再開されたそうです。
 一方、聯合ニュースによると、南北対話が進行する中で、北朝鮮の潜水艦が50隻余りが停泊していた基地を離れ、韓国軍の監視網から姿を消したことが確認されました。
 韓国軍は、北朝鮮が潜水艦を使用した武力挑発を行う可能性があるとみて警戒態勢を強化しています。


スポンサードリンク

 北朝鮮の保有する潜水艦は70隻余りで、韓国軍の監視網から消えたのは全体の約70%。
 こうした状況は、北朝鮮が南北高官級接触開催を韓国に提案した21日以降に把握されました。

 北朝鮮潜水艦の基地離脱率がこれほど高くなったのは朝鮮戦争以降で初めてだとか。


 さらに、南北接触開催前に比べ、北朝鮮の最前線地域の砲兵戦力が普段の2倍以上増加したそうです。

 
 どうですか。

 やはり北朝鮮は対話に乗り出したからと言って、武力挑発の選択肢を引っ込めたわけではないのです。

 もちろん、対話と並行して軍事的圧迫のレベルを上げることにより、朴槿恵政権を圧迫し、対話での交渉力を高める狙いもあるでしょう。

 しかし、南北対話が不調に終わった場合、増強した戦力で即座に武力挑発に乗り出せるよう万全の態勢を整えているわけですね。


 さすがに韓国軍は「深刻な脅威」と危機感を強め、、駆逐艦や哨戒機P3Cなど対潜水艦戦力の活動を強化。
 米軍も対北朝鮮監視態勢を高レベルに格上げして警戒を強めています。


 おそらく北朝鮮の潜水艦は、韓国が黄海上の南北軍事境界線と主張する北方限界線(NLL)の南側に進入し、待機しているのでしょうね。

 金正恩第1書記の命令が下れば、陸上の砲兵部隊と共同作戦を取る可能性も排除できません。


posted by 永遠の旅行者 at 20:29 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金正恩の北朝鮮、愛憎渦巻く韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。