2015年08月19日
大詰め迎えたMBC「女王の花」、レナは人生の絶頂から絶体絶命のピンチに ジェジュンが母親の犯罪知り対決へ
 MBCの土日ドラマ「女王の花」は今月末の最終回に向け、いよいよ大詰めを迎えました。
 財閥「TNCグループ」後継者パク・ミンジュン(イ・ジョンヒョク扮)の妻でテレビの人気司会者レナ・チョン(キム・ソンリョン扮)は、幸せな結婚生活と社会的名声のすべてを失うかどうかの瀬戸際に立たされ、「絶対絶命」の大ピンチ。
 レナが過去に捨てた娘カン・イソル(イ・ソンギョン扮)はどうなるのか?
 視聴率も好調で、日曜日の第46話は19.2%と自己最高をマークし、20%の大台まであと一歩です。
女王の花ポスター.jpg


スポンサードリンク

 レナが司会を務めるトーク番組が好評を博す中、今年の放送大賞(MC部門)の受賞が内定。
 授賞式当日を迎え、彼女は人生の絶頂に立った思いで感無量の様子。

 ところが、レナが幼い頃を過ごした孤児院の院長の息子であるチンピラ男が執拗に彼女の過去を追跡。
 レナの母親が昔、自宅に放火し、夫や義母らを殺害して無期懲役刑(後に仮釈放され、養老院に入院中)に処せられたことを探り出し、「これを公表してもいいのか」とレナを脅し、大金をせしめようとします。


 実はこの男、TNCグループ総帥の後妻マ・ヒラ(キム・ミスク扮)と、その親友で韓国有数の美容整形外科病院を経営する女性医師チェ・ヘジン(チャン・ヨンナム扮)がレナを追い落とすため、生い立ちの秘密を調査するために雇った人物。

 男は謝礼金を10億ウォン(約1億円)に増額するようヘジンに要求しますが、拒否されたことから、レナを脅してカネをむしり取ろうと考えたわけです。


 レナはソウル郊外の廃屋で男と会いましたが、もみ合ううちに男は建物から下に転落。

 レナは、男が身動きしないことから死んだと思い、現場から逃走。
 男がレナの生い立ちに関する資料や写真を記録していたスマホを破壊し、しばらく考えた後、ある決心をしてテレビ局に向かいました。


 一方、レナの車の後を付けてきたヒラは、廃屋の建物の下で男が倒れているのを発見し、男が死にそうな声で「助けてくれ」と言うので救急車を呼ぼうとしたものの、結局、事件に関わりになるのを避けるため電話を切りました。

 間もなく男はぐったりし、「死んだ」とヒラは確信。
 彼女は、血を流して倒れている男の写真を自分のスマホで撮影した後、現場を離れました。


 レナはぎりぎりで放送大賞の授賞式に間に合い、「自分は本日をもって引退し、番組進行を手伝ってきた新人MCカン・イソルに後任を任せたい」と爆弾発言。


 授賞式終了後、テレビ局から姿を消したレナは、「警察に自首すれば夫らに迷惑がかかるので、自殺しよう」と考え、漢江の川辺に向かい、水に飛び込みます。

 しかし、お腹にいるミンジュンとの間に出来た子供のことが可愛そうになり、自殺を思いとどまりました。


 ミンジュンや財閥総帥ら家族が心配する中、家に戻ったレナは「人を殺めてしまった」と号泣しながら告白し、一堂は信じられない話に大きく驚きました。


 ヒラは「待ってました」とばかり、夫の財閥総帥に「会社と一家への打撃を最小限に抑えるため、レナをすぐに離婚させるのが最善だ」と強く促し、総帥も「やむを得ない」という雰囲気に。

 しかし、ミンジュンは強硬に反対し、とりあえずレナを地方の寺に連れて行って落ち着かせようとします。


 ヒラの息子パク・ジェジュン(ユン・パク扮=財閥総帥の次男ですが、実は総帥は不妊症。ジェジュンは、ヒラが別の男の精子で妊娠し生んだ子供らしい)は、レナの車のナビゲーション装置に残っていた問題の廃屋の住所を見つけ、現場に行って、周囲を詳しく調べます。

 すると、チンピラ男の車が廃屋の敷地入り口に停まったままで、敷地内に入ると、レナが話したように建物から人が落下したと推定される場所がありました。

 そこには車のキーが落ちており、入り口に止めてあった車にキーを差し込むとドアが開き、チンピラ男の免許証もありました。


 家に帰ったジェジュンは、現場の様子を財閥総帥やミンジュン、レナらに伝え、総帥と事態を協議している顧問弁護士は「男が生きている可能性があるため、慎重に対処していくのが良い」と判断し、総帥も賛同。


 授賞式当日、何者かがレナのスマホにチンピラ男の写真を「殺人者」という文字入りで送ってきたのですが、混乱から覚めたレナがこのことを話すと、ミンジュンとジェジュンは「写真を送ってきたのはレナ脅迫事件の共犯者で、男を連れ去ったのも共犯者だろう」と推測、男の行方と並行して共犯者捜しを始めました。


 実は、この写真を送ったのはヒラですね。

 レナを「殺人犯」として警察に自首させるため、スマホで撮影した男の写真をテレビ局のネットカフェからレナのスマホに送ったのです。


 焦ったヒラは、ヘジンとともに現場周辺の病院をしらみつぶしに調べ、けがをしたチンピラ男が近くの病院にやって来たことを突き止めました。

 ただ、男はソウルの大手病院に搬送された後で、ヘジンは病院スタッフにカネを渡しながら「男は自分の兄で、借金取りに追われているため、誰かが行方を捜して来ても本当のことを知らせないで欲しい」と要請。

 ヒラとヘジンは、搬送先の病院で意識を失い、眠ったままになっていた男を発見しました。


 また、ヒラは現場に残されていたチンピラ男の車から、レナの母親の事件を報じた昔の新聞記事のコピーを発見し、「これがレナを追い落とす決定的なカードになる」と大喜びし、「スキャンダル記事」を報じてくれるマスコミに流す計画を立てます。


 一方、財閥総帥の顧問弁護士が調査した結果、レナのスマホに男の写真を送った「共犯者」は、テレビ局内のネットカフェのPCを使ったことが判明。

 弁護士から資料を受け取ったジェジュンが同ネットカフェの出入りを記録した監視カメラ映像をチェックしたところ、そこにヒラの姿が‥。
 「共犯者は母親に間違いない」と確信したジェジュンは、ヒラに「重要な話がある」と電話します。


 来週が楽しみですね。

 ところで、この土日はカン・イソル(イ・ソンギョン扮)の出番は少し少なかったですね。

 モデル出身の新人イ・ソンギョンの人気も相当高まっているようで、今後の彼女の活躍も期待できそうです。


posted by 永遠の旅行者 at 20:31 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。