2015年08月15日
安倍談話「残念な部分少なくないが注目する」 朴槿恵大統領が演説で立場表明
 本日は、日本にとっては「終戦記念日」であり、韓国では日本の植民地支配からの解放を祝う「光復節」ですね。
 そして、朴槿恵大統領は「光復」70年記念式典で演説し、昨日の安倍首相による戦後70年談話について初めて言及しました。 
 演説の対日関係部分の核心は、安倍談話には「残念な部分が少なくないのは事実」であるものの、「注目する」とした点です。
20150815 光復節行事の朴槿恵.jpg
(「光復」記念式典で演説する朴槿恵大統領 青瓦台HPより)
スポンサードリンク

 「残念な部分」というのは、おそらく村山談話や小泉談話に触れながらも、安倍首相自らが「謝罪」の言葉を直接的に表明するのを避けた形の「過去形の謝罪」(韓国メディア)となっていることや、慰安婦問題について「慰安婦」というキーワードを使わず、「戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去」という一般論として触れるにとどめた点を指しているのでしょうね。

 「注目する」というのは、朴槿恵氏が演説で詳しく述べていますが、「侵略と植民地支配がアジアの被害者に苦痛を与えたことに対する謝罪と反省を根幹とする歴代内閣の立場が今後も揺らぎないことを国際社会に明確にした点に注目する」と表明したもので、慎重な言い回しで談話に一定の評価をしたと言えます。

 朴槿恵氏は演説で、当然ながら、慰安婦問題の解決を強く求めました。


 どうですか。

 本日の朴槿恵氏の演説は、予想以上に批判を抑えたトーンと言えますね。


 朴槿恵政権は、欧米諸国をはじめほとんどの国が歓迎する安倍談話について、直ちに正面切って批判するのはまずいと考え、とりあえず自制した対応を取っているのかも知れません。

 また、韓国政府がこだわっていた4つのキーワード(謝罪、反省、侵略、植民地支配)が盛り込まれたことから、秋に想定される日中韓首脳会議に合わせた日韓首脳会談実現を優先し、「抑えた対応を取るのが得策」と判断したと思われます。


 その代わり、今後は安倍談話を最大限に利用して、日本に「謝罪の実行」を迫る戦略を立てているのではないでしょうか。

 実際、朴槿恵氏も演説で「一貫して誠意ある行動で裏づけ」することを日本に求めました。


 いずれにせよ、朴槿恵氏は今後も、日韓関係改善には「慰安婦問題の解決が不可欠」と言い続けることだけは確実です。


 日韓首脳会談が開かれれば、会談の大部分は慰安婦を含む歴史問題にあてられるでしょうから、今回の演説を見て「朴槿恵氏が折れてきた」といった大きな勘違いをしてはいけません。

 先月の世界文化遺産登録問題を見ても分かるように、朴槿恵政権はずっと対日「歴史戦争」を戦っているのであり、軟化したように見えても、日本を油断させる作戦である可能性が濃厚。

 「だまし討ち」はもちろん、外交慣例に違反しようがお構いなしで、目的達成のためには卑劣な手段を使うことも厭わないのが今の韓国です。

 安倍政権も意外に脇が甘いので、また韓国の仕掛ける罠にはまらなければ良いのですが‥。



したたかな韓国 朴槿恵時代の戦略を探る

したたかな韓国 朴槿恵時代の戦略を探る
価格:799円(税込、送料別)







posted by 永遠の旅行者 at 11:06 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック