2015年08月08日
永登浦・新世界百貨店のデザートカフェ、お洒落で甘さ抑えたパンが美味 食堂街リニューアル、最近話題の「福岡ハンバーグ」も入店
 久々にソウル・永登浦にある韓国国内最大級の複合ショッピングモール「TIMES SQUARE」に嫁さんと一緒に行ってきました。
 モールに併設されている「新世界百貨店」の食堂街が今年春、リニューアルオープンしているので、遅ればせながら見物と食事が目的です。
20150803_142921.jpg


スポンサードリンク

 日本食の店と「福岡ハンバーグ」が目立ちますね。

 「福岡ハンバーグ」は、韓牛(ハヌ、韓国在来種の牛)を使った絶品ハンバーグが食べられると評判の店で、最近、ソウル市内のあちこちに支店を出しています。
 出てきた生のハンバーグを各テーブルで焼きながら食べるのが特徴。

 店名が一見、日本のチェーン店風ですが、コネストによると、経営者の韓国人が日本の福岡を旅行した際、立ち寄ったステーキ店がこうした方式で、とてもおいしかったことから始めたとか。


 「福岡ハンバーグ」以外の店も美味しそうでしたが、私たちはデザートカフェ「パッコタン」が気に入りました。

 試しに抹茶クリーム入りのあんパンと、チョコレートパンを注文。
 どちらも甘さを抑えた上品な味で、大変、美味でした。

20150803_144640.jpg

20150803_143510.jpg

20150803_143722.jpg

20150803_143755.jpg

20150803_143802.jpg


posted by 永遠の旅行者 at 19:48 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常、グルメ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。