2015年07月17日
総工費膨張の新国立競技場、計画見直しは必須 安倍政権はドタバタ騒動の経緯説明を

 このドタバタは何なのでしょうね。
 東京五輪のコンセプトは、既存施設を活用したコンパクトな運営だったはず。
 新国立競技場をめぐる騒動は、豪華施設を作りまくる過去のゼネコン五輪に先祖返りしてしまったような印象です。


スポンサードリンク

 文部科学省と事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は、本当に総工費2520億円という巨額の支出を国民が黙って認めると思ったのでしょうか?

 それとも、関係する官僚、政治家、スポーツ関係者が全員、巨大な利権に目がくらんで、まともな判断が出来なかったのでしょうか?


 このまま計画通りに建設されれば、苦しい政府財政を支える国民の大きな負担となり、未来永劫、「無駄遣いの象徴」として記憶されるのは必至。

 こうなったら安倍首相が先頭に立って計画見直しを急ぎ、「非常事態」という認識で、ゼネコンにも協力を求めて工期短縮に全力を尽くすしかありません。

 そして安倍政権は後日、こうしたバカな騒動を生んだ経緯をきちんと国民に説明する必要がありますね。


posted by 永遠の旅行者 at 08:10 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外から見る日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。