2015年07月14日
世界遺産登録での妥協、もう1つの「慰安婦問題」創り出しただけ 安倍政権と外務省は韓国に対日「歴史戦争」の武器提供

 世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」について、推進役を務めた加藤康子内閣官房参与は、「韓国が世界遺産の登録プロセスに政治を持ち込んだのは非常に残念」と語る一方、日本政府についても「“歴史武装”ができておらず、いろんなプロパガンダへの準備もなかった」と反省点を指摘したそうです。


スポンサードリンク

 まったく、日本政府が韓国と妥協して、植民地時代に朝鮮半島出身者を「強制労役」させたと受け取られかねない言及を行ったことは、日本の将来に大きな禍根を残しました。

 「歴史武装が出来ていなかった」という反省を今頃しても、まったくナンセンスであり、専門家として何をやっていたのでしょうか?


 韓国内では、今、慰安婦問題と同様に、日本政府の言質を徹底的に利用しながら、「強制労役」キャンペーンが始まっています。


 しかも韓国では、メディアも政治家も一般国民も、「日本政府が国際社会に対し強制労役を認めたのに、登録が決まったとたん、『強制労役を認めていない』と言い出した。卑怯で汚いやり方だ」と本気で信じており、日本政府が取った妥協的な措置は日韓関係に何のプラスの効果も生んでいません。

 最大手紙の朝鮮日報は「韓日関係改善の機会をつくっても踏みにじる日本」と題する社説まで掲載し、日本の対応を批判しています。


 慰安婦問題の河野談話とまったく同じで、日本が「良かれ」と思ってやった「韓国の立場に配慮した言及を盛り込んだ玉虫色の表現」が結果的に日韓関係を一段と悪化させただけに終わったわけです。

 しかも、韓国は慰安婦問題と同様、今後、官民挙げて世界各国で「強制労役」キャンペーンを張るのは間違いなく、既にその兆しが出ています。


 おそらく、遺産登録された施設にも韓国の市民団体などが押しかけ、非礼な行動を行うでしょうし、やってくる外国人観光客にも「ナチスによるユダヤ人収容所のように、韓国人が強制労役させられた場所」という宣伝を実施するはずです。

 なにしろ、韓国人は、日本を「ナチス」、自らを「ユダヤ人」に例えて、国際社会に「被害者」の立場をアピールするのを常套手段としているので、この件でも同じ行動に出るでしょうね。


 結局、地元にとって、観光資源どころか、「ここは強制収容所と同じ場所」というレッテルを貼られ、海外からの観光客誘致という点では、逆ににマイナスに作用する可能性も排除できません。


 いずれにせよ、安倍政権と外務省の「妥協」は、慰安婦問題をもう一つ創り出したわけであり、対日「歴史戦争」を続ける韓国に「塩」どころか、強力な「武器」を提供したことだけは確かです。


posted by 永遠の旅行者 at 07:50 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。