2015年07月13日
ソン・スンホン、オム・ジョンファと共演の映画「ミス・ワイフ」が韓国で来月公開 チャイナマネーにノックアウトし「抗日」映画にも
 韓流スターのソン・スンホンと女優オム・ジョンファが主演する韓国映画「ミス・ワイフ」(カン・ヒョジン監督)が同国で来月、公開されるそうです。



スポンサードリンク

 STARNEWSによると、この映画は、独身の敏腕弁護士ヨヌ(オム・ジョンファ扮)が突然の事故後、公務員の夫と子供2人を世話する主婦として生きることになり、そこで繰り広げられるドタバタ劇。

 要は、ラブコメですね。

 夫役を務めるのがソン・スンホンです。


 ところで、ソン・スンホンは、日中戦争中の旧日本軍による重慶爆撃を題材にした中国映画「大爆撃」(仮題、蕭鋒監督)に、米ハリウッド俳優、ブルース・ウィリスらとともに出演することが決まっていますね。

 産経新聞によると、映画は、旧日本軍の爆撃で被害を受けた重慶市民を中心にストーリーを展開。

 ブルース・ウィリスは中国空軍を支援した米義勇航空部隊「フライング・タイガース」の飛行教官役。
 ソン・スンホンは戦闘機の搭乗員を演じるとか。


 この映画、徹底的に中国の視点で「日本軍の残虐さ」を強調する可能性が高く、第2次大戦終結70年に合わせた中国の対日「歴史戦争」の一環という面も。

 ブルース・ウィリスとソン・スンホンを引き込んだのも、海外で大々的に公開しようという意図があるのは間違いありませんね。


 それにしても、この前、「ニューズウィーク日本版」(電子版)が「ブルース・ウィリスが『抗日』映画に スクリーンのタフガイをノックアウトしたチャイナマネー」と題する記事を載せていましたが、彼も、ソン・スンホンも、中国のカネの前には何でもやる気のようですね。





posted by 永遠の旅行者 at 19:10 | ソウル ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。