2015年07月09日
まんまと韓国に手玉に取られた日本外務省 世界遺産「強制労働」問題、慰安婦の二の舞に

 聯合ニュースによると、韓国外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官は9日、ソウル市内で開かれた討論会で講演し、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録について「世界遺産委員会で採択された決定文は国際社会に対する約束で、誠実に順守する責任がある」と強調しました。


スポンサードリンク

 日本側が世界遺産委員会で言及した「forced to work」との表現について、韓国側は「強制労役」、日本側は「働かされた」と解釈しています。

 長官は、この解釈について「英文が正本」とした上で、「それがどういう意味かということは明確なので、議論の余地はない」と言明したそうです。


 長官の発言は、分かりやすく言えば、「日本は強制労役を認めたわけだから、韓国政府はこうした認識に基づいて日本政府に様々な要請を行っていく」という意味。


 つまり、朴槿恵政権は、まんまと日本政府から、植民地時代の朝鮮半島出身者の徴用に関して「強制」だと主張できる根拠を引き出すことに成功したわけです。

 日本政府がいくら「強制労役を認めていない」と言っても、日本側発言の英文を普通に訳せば「brought against their will」は「意に反して連行され」であり、「forced to work」は「強制的に働かされた」という意味でしょう。

 英文を見れば、韓国政府の主張通り「強制労役を認めた」と十分に解釈できる表現なのは間違いありません。

 まあ、外交的妥協だから当然と言えば当然ですが、今回の場合、これは全くの失策でした。


 日本外務省は例によって、言葉遊びで「玉虫色の表現」による決着を図ったのでしょうが、対韓外交にとって現在、最重要原則は、韓国が国際社会で日本にイチャモンを付ける隙を与えないことです。

 どうして、安倍政権は、最重要原則を守るためには「登録見送りでもやむを得ない」という判断が出来なかったのでしょうか?


 はっきり言って、今回、韓国側にこうした言質を与えたことは、慰安婦問題に関する「河野談話」以上に「国益」を毀損し、将来に禍根を残す出来事であるのは確実だと思われます。

 こんなことは、慰安婦問題で煮え湯を飲まされた日本人なら、子供でも分かることではないでしょうか。


 なのに、韓国の「微笑み戦術」に騙された末、こんな「国内向け」の言葉遊びをするとは、まったくナンセンス。

 日本外務省は一体、どうなっているのでしょうかね。


posted by 永遠の旅行者 at 20:23 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。