2015年07月07日
韓国外交部、世界遺産登録で「強制労役」反映とHPで宣伝 まんまと手玉に取られた日本外務省
 韓国外交部は公式ホームページ(HP)に、「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録に関する説明を掲載し、「多くの韓国人が本人の意思に反して動員され、過酷な条件下で強制的に労役した歴史的な事実が反映された」と表明しています。
軍艦島.jpg


スポンサードリンク

 これは、日本統治時代に朝鮮半島出身者による強制労働があったと日本政府が認めた、という韓国政府の主張をアピールしているわけです。


 この前も書きましたが、今回の世界遺産登録をめぐる「玉虫色」の表現は、慰安婦問題をめぐる河野談話と同様、韓国政府の好きなように利用されていきそうですね。


 やはり、韓国に譲歩した結果は、こんなものでしょう。


 今後は、情報センターの展示内容などについて、韓国が官民挙げて自らの主張を通そうと、攻勢を強めるのは必至の情勢で、登録遺産を抱える地元や企業が大変なのはこれからです。


 さらに、今回の日本政府の「言質」を盾にとって、韓国人が日本企業を相手取った訴訟を乱発することも懸念されます。

 どうせ、日韓間で一定の合意があるとしても、韓国政府は「民間人の行動まで制限できない」と言って、黙認するでしょうから、日本外務省がまたしても手玉に取られた感じですね。


 個人的には、今回の世界遺産登録は、そもそも長期的な「国益」に支障が出かねないような外交的妥協を受け入れてまでやる必要があったのか、という気もしますが‥。

 むしろ、韓国が土壇場で登録に反対に回るようであれば、日本政府としては正々堂々と立場を表明し、韓国政府の約束違反的な行動を世界にアピールしながら、事実上の放置をした方が良かったのではないでしょうか。


 安倍首相も、今回ばかりは、地元山口県が絡んでいることから目が曇ったようです。


 いずれにしろ、朴槿恵政権が「微笑み戦術」に転換したからと言っても、全く信用できないことを証明した一件でした。


 一応、読売新聞が報じた内幕記事を引用します。

 そもそも、韓国が土壇場で示してきた声明案は、日韓間の調整で合意していた内容からかけ離れていた。

 日韓両国は6月21日の外相会談で、「明治日本の産業革命遺産」の登録に向けて協力することで一致した。
 委員会開幕日の28日までの事務レベル協議で「brought against their will and forced to work」(外務省仮訳=その意思に反して連れて来られ、働かされた)との表現で折り合っていた。
 「強制性」にこだわる韓国に配慮した内容だった。

 日本側が声明案に反発したにもかかわらず、韓国はその後も委員国に「強制労働」があったとして働きかけを続けた。
 このため、安倍首相は今月1日、外務省の杉山晋輔外務審議官をソウルに送り、韓国政府高官に声明案修正を求めた。
 2日には岸田外相が韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相に電話し、「会談で合意した基本認識に立ち戻ろう」と呼び掛けた。

 しかし、現地のボンでは韓国側による働きかけが続いたため、日本側は韓国が登録に反対する事態に備え、投票に持ち込むことも覚悟し、委員国への根回しを進めた。
 審議予定日の4日になっても日韓間の調整はつかず、議長国ドイツは「コンセンサス(全会一致)で決めたい」と日韓双方に話し合いによる解決を促し、審議は翌日に持ち越された。
(ここまで引用)

 韓国のやり方がよく分かりますね。


 一方、韓国の外交部(外務省に相当)報道官は7日の定例会見で、「明治日本の産業革命遺産」に松下村塾(山口県萩市)が含まれていることについて「問題意識を持っており、世界遺産以外の多様な次元で対応を検討していこうと考えている」と表明しました。

 韓国で松下村塾は、初代韓国統監の伊藤博文を輩出したことや征韓論の関係などで知られ、「問題視」されています。

 これも、今後の摩擦の火だねとなりそうです。


posted by 永遠の旅行者 at 18:02 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。