2015年07月06日
「強制労働」と「働かされた」、世界遺産で異なる解釈 韓国が水面下の合意を破り攻撃してくる予感
 「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録が決まったことを受け、韓国紙やテレビ各局は当初、韓国政府の発表に従って「日本が強制労役の事実を国際社会で初めて認定した」と報じ、朴槿恵政権の「外交勝利」として拍手を送りましたが、日本政府との解釈の違いが浮き彫りになるにつれて、韓国メディアも「?」という雰囲気になってきました。
軍艦島.jpg


スポンサードリンク


 聯合ニュースが「『強制労働』と『働かされた』 韓日で異なる解釈」という記事を出していたので、以下に引用しておきます。

 戦時中に朝鮮人が強制労働させられた施設が含まれる「明治日本の産業革命遺産」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産登録が決まったが、強制労働をめぐる韓日両国の解釈に食い違いがあり、論争が予想される。

 日本の佐藤地ユネスコ政府代表部大使は5日、ドイツ・ボンで開かれた世界遺産委員会での英語演説で、朝鮮人の強制労働の歴史について、「against their will and forced to work」などと発言した。
 これに対し、韓国政府は非公式の翻訳文(韓国語)を通じ、「本人の意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で強制され労役した」と解釈した。
 韓国政府当局者は「日本による植民地時代に本人の意思に反して労働させられたことを、日本政府が事実上、初めて国際社会で公式に言及したことに大きな意味がある」と高く評価した。

 だが、岸田文雄外相は産業革命遺産の登録決定後、東京都内で記者団に対し、「強制労働を意味するものではない」と説明した。
 日本政府の仮翻では「意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた」と解釈。「強制労働」より低い水準の表現にとどめた。

 これに対し、韓国政府当局者は聯合ニュースに対し、「『意思に反し』『厳しい環境の下で働かされた』との表現は誰が見ても強制労働と解釈できる」と反論した。
(ここまで引用)


 どうですか。

 要は、日韓双方の国内事情を踏まえた「玉虫色の決着」というヤツですが、日本が特にこだわったのは、今回の日本政府の発言が韓国人の対日請求権訴訟に悪用されるのを防止することだった模様。

 朝鮮半島の植民地支配時代に、「徴用」により日本企業で働かされた韓国人が当該企業相手に未払い賃金返還などを求める訴訟を乱発し、これが日韓関係の時限爆弾となっているためです。


 実際、産経新聞によると、岸田外相は「forced to work」というフレーズについて、「『強制労働』を意味するものでない」と説明した上で、財産請求権の問題は完全に解決済みとする従来の日本政府の立場に変わりがないことを強調しました。


 また同紙によると、岸田氏は記者団に「今回の日本政府の発言を日韓間の財産請求権において(韓国政府が)利用する意図はないと理解している」と述べ、韓国政府に冷静な対応を続けるようクギを刺しました。

 一方で、韓国の趙兌烈外務第2次官は委員会で「今日の決定は(徴用の)被害者の苦痛を記憶に残し、歴史の傷を癒やすための重要な一歩だ」と発言。
 さらに、記者団に対して「日本政府が朝鮮半島出身者の労働に強制性があったと認めた。交渉で合意した結果なので満足して受け入れる」と強調しています。


 過去の慰安婦問題をめぐる河野談話もそうですが、水面下の合意を後でひっくり返して、自分たちの都合のいい「フレーズ」だけを取り出し、韓国流の「解釈」をつけた誇大で歪んだ内容を国際社会で大声で叫び、国連などの場でそれを「事実」として裏書きさせる工作活動を展開するのは韓国政府の得意技です。

 これで散々苦しめられてきた日本政府ですが、今回の世界遺産をめぐっても同様な事態が起きる予感がしますね。


posted by 永遠の旅行者 at 20:43 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。