2015年07月06日
「明治日本の産業革命遺産」世界遺産に登録決定 官民挙げて圧力、最後にごり押しの韓国
 ドイツで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は5日、日本が推薦した「明治日本の産業革命遺産」(8県23施設)を世界文化遺産に登録することを決定しました。
軍艦島.jpg


スポンサードリンク

 本当に、韓国の横やりですったもんだした挙げ句、ようやく決まったという感じですね。


 しかも、会場外では韓国の市民団体が「登録反対」をアピールする露骨な抗議行動を取っていました。
 NHKニュースを見ていたら、韓国代表団を率いる趙兌烈・外交部第2次官が抗議行動の現場を訪れ、同団体メンバーたちを激励するという、絵に描いたような官民一体の嫌がらせでした。


 先月の日韓外相会談で、双方が相手側遺産の登録に協力することで一致したにもかかわらず、韓国は例のごとく国際社会に「日本は悪い」と訴えて、交渉の圧力に使う戦術に出てきたわけですね。

 最初から、韓国の主張を最大限盛り込ませるために「どんな手を使ってでも、ごり押しすればいい」という計画だったのでしょう。


 そもそも、日韓外相会談で韓国がスンナリと「協力」で合意したのは、要は、日本を油断させると同時に、日韓関係をめぐる柔軟姿勢(見せかけだけですが‥)を米国にアピールする「作戦」だったということで間違いありません。

 先手を打って「日韓関係改善に向けた前向き姿勢」を韓国が打ち出した以上、「今度は日本が譲歩する番だ」という心構えです。


 しかも、韓国側はおそらく「日韓間の調整が上手くいかなければ、『日本が関係改善に水を差した』と非難すればいい」という目論見だったと見られ、日本外務省も相当に苦しい立場だったと言えます。


 朝日新聞の報道がわりと中立的で、分かりやすかったので、以下に引用します。

 (世界遺産委員会の)審議では、日韓それぞれが英語で発言した。
 日本側は徴用工について、本人の意思に反したという意味の「against their will」という表現を使って、植民地時代に朝鮮半島から連れてこられたと言及、厳しい環境で労働を強いられたなどとも述べた。
 また、こうした歴史を記憶するために、適切に対応すると表明した。

 当初、韓国側の発言案に「強制労働」とあったため、日本側は当時は法令に沿った動員がされたとし、韓国での損害賠償請求訴訟など元徴用工をめぐる動きに悪影響を及ぼす恐れがあると反発。
 調整が難航し、当初予定された4日の審議は先送りされた。

 関係者によると、調整の結果、韓国側が発言案を修正し、双方の発言内容について合意したという。
 登録が決まった後、岸田文雄外相は記者団に「徴用の問題は完全かつ最終的に解決されている」と日本の立場を述べた。
(ここまで引用)



 参考までに、韓国の聯合ニュースの報道も引用しておきます。

 日本政府代表団は登録決定直前に行なった演説で、1940年代に一部施設で朝鮮半島の多くの人々が本人の意思に反して連れてこられ、厳しい環境で労働を強いられたと明らかにした。
 また、情報センターの設立など、被害者をしのぶための適切な措置を取る方針を示した。
 登録決定文には注釈で、「世界遺産委員会は日本の発表を注目する」と明示し、演説と注釈を連係させる形で強制労働が行なわれた歴史を認めた。

 日本政府は2017年12月1日まで世界遺産センターに経過報告書を提出し、18年に開催される世界遺産委員会で報告書を検討することにした。

 韓国政府当局者は「強制労働という歴史的な事実をありのまま伝えるべきだというわれわれの立場を反映させた」と説明。「対話を通じて問題を解決し、今後の両国関係の安定的な発展にもつながると思う」と述べた。
(ここまで引用)


posted by 永遠の旅行者 at 01:22 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。