2015年07月03日
スエ、チュ・ジフン主演のSBS「仮面」、物語はクライマックスへ ミヌを守る決意固めるジスク、2人の愛は揺るぎない絆に
 スエ、チュ・ジフン、ヨン・ジョンフン、ユ・イニョンが主演を務めるSBSの水木ドラマ「仮面」は、物語がいよいよクライマックスに入り、「ソ・ウナ」に成り代わっているビョン・ジスク(スエ扮)と、「夫」のチェ・ミヌ(チュ・ジフン扮)の2人の愛が一段と深まり、揺るぎのない強い絆が生まれてきました。
20150702 仮面 12-17.jpg


スポンサードリンク

 昨日の第12話の視聴率(ニールセン・コリア調べ)は11.1%に上昇し、2ケタの大台を維持、同時間帯の他局ドラマを大きく引き離しトップを突っ走っています。

20150702 仮面 12-19.jpg

20150702 仮面 12-20.jpg

20150702 仮面 12-18.jpg

 韓国有数の財閥「SJグループ」の御曹司、チェ・ミヌは、次期大統領と目される有力政治家の娘ソ・ウナ(スエの二役)と政略結婚。
 しかし、実は相手はウナではなく、彼女と瓜二つであることを利用して成り代わったビョン・ジスクです。

 この成り代わりは、ミヌの腹違いの姉であるチェ・ミヨン(ユ・イニョン扮)の夫、ミン・ソクフン(ヨン・ジョンフン扮)が、ジスクの両親の借金返済を手助けする条件で、ジスクに強要して仕組んだもの。


 ジスクは、家族の借金問題のほか、弟に殺人の濡れ衣を着せることが可能な「物証」を握られているため、心ならずもソクフンの陰謀に協力してきたものの、水曜日の第11話では強い女に変身し、ソクフンへの逆襲に転じました。


 ドラマの序盤で、違う世界に足を踏み入れたジスクがオドオドした雰囲気を出す演出が随所に見られましたが、この変身にアクセントを付けるための伏線だったわけですね。


 第12話では、ジスクは誕生日の朝、1年前にウナが自分宛てに送った誕生プレゼントを受け取ります。
 その中には、赤と白の2つのパーティー用ドレス、メモ用紙、住宅のカギが入っていました。

 そのカギは、ウナがソウルに保有する高級アパートのものとは別で、郊外にある邸宅の玄関キーでした。

 ジスクが中に入ると、豪華なインテリアで飾られた広い居間にはウナが描いたと見られるソクフンの肖像画が掲げられており、その裏にはウナとソクフンの深い関係を示す数々の写真や、ウナの雑記帳などが置かれていました。


 ジスクは2人の関係を悟るとともに、雑記帳の記述から、ソクフンがミヌの失脚工作に失敗した場合、最終的にはウナを使ってミヌを殺害する計画を立てていたことを知り、衝撃を受けるとともに、「妻に殺される運命だった可愛そうな夫」ミヌへの同情心が一段と強まります。

 ウナは会社にいるミヌの元に駆け付け、後ろからミヌを抱きしめ、涙を浮かべながら「私は絶対に側に居るから」とつぶやき、ミヌは怪訝な顔をします。

20150702 仮面 12-02.jpg

20150702 仮面 12-03.jpg

20150702 仮面 12-01.jpg

 一方、ミヨンがソクフンの子を妊娠した(思わせぶりなセリフがあり、本当か、ウソかは不明ですが‥)ことも分かり、財閥総帥はウナの誕生日と娘の懐妊の両方を祝うパーティーを開くよう執事らに命じます。

 実は1年前、ソクフンからミヌ殺害を持ちかけられたウナは、その場で返事をせず、1年後に白のドレスを着たら「Yes」、赤のドレスなら「No」という意思であることを伝え、「私の決定に従うように」と言い残していました。


 そして、誕生日の夜のパーティーにジスクは赤のドレスで登場。


 ジスクの正体に疑いを抱き始めたミヨンは、パーティーにウナの留学時代の外国人の友人らを招待し、反応を探りますが、ジスクは顔色一つ変えず、ウナの友人らと親しそうに包容を交わします。

 前回も書きましたが、ジスクはウナが残したアルバムや書類を詳細に調べ、友人や知人の顔もしっかり記憶していたのでした。


 ソクフンはパーティーが始まる前、以前から買収しているメイドに対し、ミヌのワインに薬を混入するよう命じますが、ジスクから借金返済の手助けを受けたメイドは、こっそり薬入りワインを捨てます。

 それでも、ジスクはミヌに出されたワインを自分が飲み干しました。
 「絶対にミヌを守る」という気持ちからなのでしょうね。


 ジスクがケーキのロウソクの火を吹き消そうとした際、普段は無愛想なミヌが突然、誕生祝いの歌を歌い出したため、居合わせた全員が驚き、ミヌが変わったことを知った財閥総帥も喜びます。


 ところが、ウナの両親が「ミヌの歌のお返しに、お前が上手なピアノ演奏を聴かせて」と言いだし、ソクフンは「ついにジスクの正体がばれるのではないか?」と少し狼狽した様子。

 ジスクもこわばった表情でピアノに向かって歩き、テレビを観ている方も「絶体絶命だ」とハラハラしますが、何故か彼女はショパンのノクターンを流ちょうに演奏し、拍手を浴びました。


 実は、ジスクは結婚したら夫にピアノ演奏を聴かせるのが夢で、デパート店員として勤務していた際、閉店後に店内に設置されていたピアノを弾き練習していたのでした。


 その夜、ミヌはジスクに美しい花とダイヤの指輪をプレゼント。
 しかし、ジスクは「自分にとって一番のプレゼントはミヌだ」と彼への愛を告白します。

20150702 仮面 12-04.jpg

20150702 仮面 12-05.jpg

20150702 仮面 12-06.jpg

20150702 仮面 12-10.jpg

20150702 仮面 12-09.jpg

20150702 仮面 12-08.jpg

20150702 仮面 12-07.jpg

20150702 仮面 12-13.jpg

20150702 仮面 12-11.jpg

20150702 仮面 12-12.jpg

 一方、いつも冷徹で、妻にも本当の愛情を見せたことのなかったソクフンですが、ミヨンがカワイイ子供服を買って準備しているのを見て心を動かされたようです。

 昔、自分がウナに贈ったネックレスを見つめながら考えを巡らせた後、車を走らせ、「ジスク」として火葬に付されたウナの遺骨が安置してある納骨堂に向かいます。

 そして、「ジスク」の名前が刻印されたウナの骨壺の前にネックレスを置き、無言で涙を流しました。


 うちの嫁さんの推測では、「ソクフンはウナに別れを告げに来た」というものですが、果たしてどうでしょうか?


 実は、ソクフンの後をこっそり追跡してきたミヨンがこの場面を目撃。

 骨箱の「ジスク」の名前を見つけ、ウナとジスクが入れ替わっていることに気づきました。


 ミヨンは、ウナが財閥総帥宅のプールで溺れる直前、メイドを使ってウナのワインに睡眠薬のような薬を混入。
 おそらく、嫌がらせのつもりだったようですが、今回、「自分がウナを殺した」ということを確信し、大きなショックを受け、涙を流します。


 来週、ミヨンがどういう行動に出るか、予想がつきませんね。

 本当に次回が楽しみです。

20150702 仮面 12-14.jpg

20150702 仮面 12-15.jpg

20150702 仮面 12-16.jpg


posted by 永遠の旅行者 at 18:59 | ソウル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。