2015年07月02日
韓国MERS感染者、1人追加で計183人に 「最大感染源」サムスン・ソウル病院の看護師
 韓国の中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)コロナウイルス感染者は本日、新たに1人が追加され、累計で183人になりました。
 保健福祉部の集計を聯合ニュースが伝えました。
20150615 CA サムスン病院院長会見.jpg
(サムスン・ソウル病院の病院長会見=6月 チャンネルAの画像より)


スポンサードリンク

 先月27日を最後に昨日まで4日間、感染者ゼロが続いていましたが、5日ぶりの感染者発生です。

 新たな感染者は「最大の感染源」となったサムスン・ソウル病院(ソウル市)の看護師で、感染患者の入院治療が行われている隔離病棟で看護をしていた際に感染したそうです。

 これで、同病院の感染者は計88人(うち医師や看護師など医療陣は13人)となり、これは韓国全体の感染者の48.1%に相当するとか。


posted by 永遠の旅行者 at 08:41 | ソウル 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | MERSに恐怖する韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。