2015年06月30日
MBC「女王の花」、レナ追い落としへ「隠し子」捜しに全力の姑 出生の秘密を知るイソル
 MBCの土日ドラマ「女王の花」は、レナ・チョン(キム・ソンリョン扮)がテレビ界の「スターMC」となり、成功への夢を叶え、財閥御曹司の夫にも祝福されながら人生の頂点に立った気分に浸りました。
 一方で、敵対関係にある姑(夫の義母)は、レナ追い落としのために彼女の「隠し子」捜しに必死。
 他の家族の前では互いに笑顔で応じる2人ですが、裏での暗闘は一段と激しさを増してきました。
20150627 女王の花 31-05.jpg


スポンサードリンク

 レナが昔捨てた娘カン・イソル(イ・ソンギョン扮)の方も、本当の母親と信じてきた「育ての母」が実母でないことをついに知り、不幸な形で実の父親にも対面しました。

 アクセントの効いたストーリー展開に、視聴率もなかなか好調。
 AGBニールセン調べの視聴率は、土曜日の第31話が13.9%、日曜日の第32話が14.9%で、15%近辺を維持しています。


 ドラマの主人公は、美貌と料理の才能を武器に、男を踏み台にしてでも野心を実現しようとするスターシェフのレナ・チョン(韓国人の発音では「レナ・ジョン」)と、彼女が昔捨てた娘カン・イソル。


 財閥「TNCグループ」の御曹司で外食事業本部長のパク・ミンジュン(イ・ジョンヒョク扮)と結婚したレナは、同グループ総帥の後妻で、ミンジュンの義理の母マ・ヒラ(キム・ミスク扮)と敵対関係。


 ヒラは自分の息子を財閥後継者の座につけるため、裏でレナとミンジュンを陥れるための計略を次々と仕掛けてきますが、レナによって過去の悪行を暴かれ、一時は離婚の危機に発展する打撃を受けました。

 そんな中、「レナに隠し子がいる」というウワサを掴み、「形成逆転のチャンス」とばかり、探偵を雇って必死にレナの過去を探ります。


 ヒラは、レナが米国に移民し料理修業をしていた時代の女友達が経営する料理店を訪れ、そこで20代のレナと思われる写真を見つけ、隠し撮り。
 この写真を手がかりに、レナの過去を追跡しようとしますが、上手くいきません。


 そんな時、ヒラは、テレビのトーク番組の司会者(MC)としてレナの人気が上がる中、同番組から降板させられることになった女性MCと偶然、出会い、レナ追い落としのための「共闘」を持ちかけます。

 同番組でレナの若い頃の写真を公開すれば、昔のレナを知っている人間がネット上に書き込みをするなど反応を見せるだろう、と睨んだわけです。


 ヒラの思惑通り、この女性MCが番組中で「レナの若い頃の話を聞きたい」と言って公開した同写真が芸能記事とともに流れると、「高校時代から恋人だった。同居もしていた」という男が現れます。

 男からレナと一緒に写した高校時代の写真を見せられたヒラは、その場でこの写真を買い取りました。
 そして「レナの隠し子を連れてきたら、大金を出す」と提案し、男は承知します。


 ただ、この男が高校時代のレナを知っているのは確かなものの、どうも嘘つきのような雰囲気。
 今後、レナにつきまとうことになるのでしょうね。


 これまで紹介したように、ヒラは息子を自分の女友達(夫妻で美容整形外科病院を経営)の娘と結婚させ、総帥から出資させた資金で中国に大規模な美容整形外科病院を建設中。
 病院長に息子を据え、資産を確保しながら、チャンスを待ってグループ後継者の座を狙う計略です。


 ところが、息子はヒラに内緒でカン・イソルと交際。
 親の反対を押し切ってでもイソルと結婚する決意を固めた息子は、両親の庇護を離れて独り立ちするため、母校の恩師の下で外科医として再修行中です。

 イソルも一流のシェフになる夢を実現しようと、実母とは知らないまま、尊敬するレナの下でスタッフとして働いています。

 トーク番組を完全に自分のものにしたレナは、気に入っているイソルを同番組の料理コーナーに登場させ、ずっと出演させながら育てるつもり。

 
 ところで、イソルの実の父親は、前述したヒラの女友達の夫である美容整形外科医。

 夫に「隠し子」がいたことを知ったヒラの女友達は、イソルを呼び出して罵倒、無理矢理に髪の毛をむしり取りました。
 本当に夫の「娘」かどうか、DNA検査で親子確認をするためです。


 検査の結果、間違いなく夫の「娘」と確認されると、ヒラの女友達は信頼していた夫に裏切られたことから怒り狂う一方で、将来、イソルと「育ての母」から財産分与や養育費などを要求されることを恐れ、事前に阻止する算段をします。

 そして夫を連れて、イソルと「育ての母」の家に押しかけ、「将来、財産分与などを要求しない」という証文にサインさせようとしますが、人を人とも思わない失礼な言動に、イソルも悲しみと憤怒が入り交じった感情が爆発し、大変な修羅場に。

 イソルは実の父親と最悪の形で対面し、泣き叫びます。  


 後日、すべての「悪縁」を精算することを決めたイソルは、実の父親のもとを訪れ、サインした証文を渡しながら、「母親がどんな人だったか教えて欲しい」と頼みます。

 実の父親は、イソルがレナの下で働いていることを知っているため、この頼みを聞いて一瞬、当惑した顔に。
 本当の母親が誰かについては、口にはしませんでしたが‥。


 彼は以前、偶然にレナの番組に出演した際、レナから子供の行方を問い詰められ、「直ぐに死んだ」と嘘をつき、レナは「昔捨てた子供がいて、既に死んだ」という話をイソルに打ち明けたことがあります。

 レナとイソルがいつ、真実を知るのか?

 次回の展開が楽しみですね。

20150627 女王の花 31-01.jpg

20150628 女王の花 32-06.jpg

20150627 女王の花 31-03.jpg

20150628 女王の花 32-05.jpg

20150628 女王の花 32-04.jpg

20150628 女王の花 32-01.jpg

20150628 女王の花 32-03.jpg

20150628 女王の花 32-07.jpg

20150628 女王の花 32-02.jpg


posted by 永遠の旅行者 at 00:58 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。