2015年06月25日
ユイ主演のSBS「上流社会」が視聴率上昇中、2ケタ目前 身分違うカップル2組の恋愛模様進展
 SBS月火ドラマ「上流社会」は、今週も視聴率を上げ、2ケタの大台も目前に迫りましたね。

 AGBニールセン調べで月曜日の第5話が9.1% 火曜日の第6話が9.8%となり、同時間帯トップのMBC「華政」が11%前後ですから、ほぼ並びつつある感じです。
201506 上流社会のポスター.jpg


スポンサードリンク

 先週も書きましたが、「上流社会」はK-POPグループ「AFTERSCHOOL」のユイ、モデル出身のソンジュン、「ZE:A」のヒョンシク、女優イム・ジヨンが主演。


 財閥一族の令嬢として生まれたものの、「結婚だけは愛する人としたい」というチャン・ユナをユイが演じ、平凡な家庭に生まれ、強い上昇志向を秘めたサラリーマン、チェ・ジュンギをソンジュンが担当。

 別の財閥一族の御曹司で、本当の愛と身分維持のすべてを手にしたいと思っているユ・チャンスにヒョンシク、身分相応に人生を送ろうと考えるフードマーケットの女性アルバイト、イ・ジイにイム・ジヨンという配役です。


 ユナは友人のジイと一緒にフードマーケットでアルバイトをしているうちに、職場の上司であるジュンギと恋人関係に発展します。

 ユナは財閥令嬢という環境から抜け出し、独立したいと思っているのですが、ジュンギはユナの正体を知った後、ユナを利用して「成功」を目指すつもりのようです。
20150623 上流社会  06-05.jpg

20150623 上流社会 06-05.jpg

 このフードマーケットを傘下に持つ大手企業の本部長、チャンスの方は、正直で物怖じしないジイを好きになります。

 一方、「結婚を考えない恋愛はしない」というジイも同じ気持ちで、将来への不安を感じつつも自分の感情に逆らえず、ついに2人は付き合うように。
20150623 上流社会 06-07.jpg

20150623 上流社会 06-08.jpg

 前週は、財閥後継者であるユナの兄が事故で行方不明になり、ユイが兄の代わりに後継者の道を進まざるを得なくなることを予感させて終わりましたが、今週は「予感」がさらに現実味を増してきました。

 財閥総帥の父親は不正疑惑の渦中にあり、経営の前面に立つことができないため、早急に後継者を擁立する必要がありますが、ユナの2人の姉にはそれぞれ経営能力などの面で問題があるようです。


 父親がユナに財閥企業グループの株を譲渡するというウワサが流れると、もともと仲の悪かったユナと2人の姉の関係がさらに悪化する雰囲気で、後々、後継者の座をめぐりユナと対決していくことを暗示しています。

 ただ、今週は2組のカップルの関係進展を描くロマンスシーンが多く、後継争いの話はそれほど出てこなかったため緊張感に欠け、散漫な印象を受けました。


 あと、身分が違うジュンギを本当の友達として信頼してきたチャンスですが、ジュンギがユナとの関係を自分に隠していたことを知り、強い背信感を感じて悩みます。

 「ジュンギが自分を好きで側にいたわけではなく、ただ利用しようとしただけではないか」という思いが消えなくなったわけです。

 ジイも、ユイが財閥令嬢という事実をこれまで自分に内緒にしていたことから、気分を悪くしました。


 腹立たしい気持ちが収まらないチャンスは、ジュンギとユイを行きつけのバーに呼び出し、にらみつけたところで今週は終了。

 次回はちょっとした修羅場で始まるのかも知れません。


 先週も書きましたが、このドラマ、とにかくセリフが少女漫画のように臭く、「ウーン」という感じです。

 脚本をもう少し、どうにかして欲しいですが、それでも「華政」のような時代劇が苦手な層は、結構、こちらに来ているのでしょう。

20150623 上流社会 06-03.jpg

20150623 上流社会 06-02.jpg

20150623 上流社会 06-01.jpg

20150623 上流社会 06-06.jpg


posted by 永遠の旅行者 at 13:34 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。