2015年06月23日
朴槿恵大統領、「懸案解決」訴え慰安婦に間接言及 安倍首相、韓国に「価値共有」の文言適用せず
 日韓国交正常化50年を迎えた22日、東京とソウルで開かれた記念式典に安倍首相と朴槿恵大統領が相互に出席し、祝辞を述べたことは紹介しましたが、もう少し詳しい内容を引用しておきます。
20150622 01 日韓国交記念行事の朴槿恵.jpg
(ソウルの記念行事に出席した朴槿恵大統領=22日 青瓦台HPより)


スポンサードリンク

 以下は聯合ニュースの報道です。

 韓国の朴槿恵大統領は22日、ソウル市内のホテルで行われた在韓日本大使館主催の韓日国交正常化50周年記念行事に出席した。
 祝辞のあいさつで朴大統領は「(韓日間の)最も大きい障害の要素である過去の歴史の重荷を和解と共生の気持ちで降ろせるようにしていくことが重要だ」とした上で、「両国がそれを始める時、国交正常化50周年である今年は韓日両国が新しい未来を共に開いていく元年になるだろう」と述べた。 

 また「国交正常化50周年である今年は、両国が未来に向かって進むことができる歴史的な機会」と指摘。その上で、「今年を韓日両国が新しい協力と共栄の未来に向かい、共に進むことができる転換点とするべきであり、これは後世に対するわれわれの責務でもある」との考えを示した。

 朴大統領はまた、「両国間には絡み合った糸のようにもつれた懸案があるが、両国国民は互いを理解し、文化を通じて交流し、心を交わして近づいてきた」とした上で、「これからはその両国民の心を政府が一つにし、懸案を解決し、協力が必要な事案については両国関係の未来指向での発展のため、共に協力していかなければならない」と強調した。

 さらに論語から「無信不立」(信なくば立たず)という一節を引用し「信義より頼れるものはないというが、両国国民間の信頼と友情を深めていくこともまた重要だ」と指摘。その上で「国交正常化50周年を迎え、両国国民が心と心の交流をさらに深化させ、信義をさらに深めることができるよう、必要な措置を両国が共に取っていかなければと思う」との考えを示した。

 朴大統領は「ひとりの夢は夢に過ぎないが、万人の夢は現実になるという言葉がある」と紹介。その上で、「韓日両国が1965年に始まった和解の旅程を続け、両国民が韓日関係の新しい未来に対する夢を見られるよう、その道を共に作っていくことを願う」と話した。
(ここまで引用)


 どうですか。

 「両国民の心を政府が一つにし、懸案を解決し、協力が必要な事案については両国関係の未来指向での発展のため、共に協力していかなければならない」という下りがありますが、この「懸案」は慰安婦問題や竹島領有権問題、教科書問題などの歴史、領土問題であるのは間違いありません。

 「懸案」を「解決」する必要性を訴えていますが、もちろん、慰安婦問題について言えば「韓国政府と韓国民、元慰安婦=支援団体が納得できる内容」ということになります。

 この辺は、朴槿恵政権として従来の主張を崩しておらず、安倍政権に韓国の要求を受け入れるよう強く促すものとなっています。

20150622 02 東京の記念行事に出席した安倍首相.jpg
(東京の記念行事に出席した安倍首相=22日 首相官邸HPより)

 一方、安倍首相のあいさつをみると、韓国について「最も重要な隣国」と言及し、相変わらず「価値を共有する」というフレーズは落ちたまま。
 この辺も、「韓国の思うままには決してさせない」という安倍首相の意思が感じられて面白いですね。


 首相官邸のHPに掲載されている安倍首相のあいさつを以下に転載しておきます。

 「ちょうど半世紀前の今日、日本と韓国は、日韓基本条約に署名し、新たな時代を開きました。
 その50周年の記念すべき本日、東京とソウルで、同時に、日韓国交正常化50周年の祝賀行事が開催されますことを、心よりお慶び申し上げます。
 50年前の当時、私の祖父の岸信介や、大叔父の佐藤栄作は、両国の国交正常化に深く関与しました。その50年後の今日、私自身も総理大臣として、この記念すべき日を迎え、この祝賀行事に出席できることを、大変嬉しく思います。
 本日の祝賀行事に、韓国より、ユン・ビョンセ外交部長官、また、ソウルでの祝賀行事にパク・クネ大統領に出席していただいていることを喜ばしく思います。
 日韓国交正常化当時、両国間の人の往来は年間1万人でしたが、現在、500万人を超えるようになりました。また、両国間の貿易額は、当時の約110倍となりました。
 2002年には、サッカー・ワールドカップを日韓で共催し、近年は、日韓両国で『韓流』、『日流』といった文化ブームも見られました。
 このような活発な人的往来や緊密な経済関係、そして、お互いの文化の共有は、国交正常化以降、両国が作り上げた、かけがえのない財産と言えるでしょう。このような日韓関係の発展は、多くの方々の不断の努力により、数々の障害を乗り越えて築かれたものです。
 そこでは、日本にとっては韓国が、韓国にとっては日本が、最も重要な隣国であり、お互いに信頼し合いながら、関係を発展していかなければならない、との強い想いが広く共有されていたと思います。
 私は、国交正常化から半世紀経った本年に、これまでの50年にわたる日韓両国の発展の歴史を振り返り、両国の人々に共有されてきた、このようなお互いへの想いを、改めて確認し合うことが重要であると考えます。
 日韓国交正常化50周年のテーマは、『共に開こう 新たな未来を』です。
 我々は、多くの戦略的利益をお互いに共有しています。現在の北東アジア情勢に鑑みれば、日韓両国の協力強化、さらには、今日はキャロライン・ケネディ駐日米国大使もお見えでありますが、日韓米の3か国の協力強化は、両国にとってはもちろん、アジア太平洋地域の平和と安定にとっても、かけがえのないものです。
 私の地元である下関は、江戸時代に朝鮮通信使が上陸したところです。下関市は、釜山市と姉妹都市となっており、毎年11月には、『リトル・プサン・フェスタ』というお祭りが開催されます。
 日本の各地には、韓国の地方自治体と姉妹関係を結んでいる自治体がたくさんあり、今後は、このような地方交流も、一層、発展させていきたいと考えています。
 両国が、地域や世界の課題に協力して取り組み、ともに、国際貢献を進めることは、両国の新たな未来の姿を築くことにつながると確信しています。
 御列席の皆様、これまでの50年間の友好の歴史を振り返りながら、そして、協力、発展の歴史を振り返りながら、これからの50年を展望し、共に手を携え、両国の新たな時代を築き上げていこうではありませんか。
 そのためにも、私といたしましても、パク・クネ大統領と力を合わせ、共に努力していきたいと思います。
 本日、ここにいらっしゃる方々は、日韓関係の発展のために御尽力されてこられた、両国にとっての恩人の皆様です。
 改めて、心よりの敬意を表するとともに、皆様方の益々の御健勝と御発展、そして、日韓両国の新たな未来を祈念いたしまして、私の御挨拶とさせていただきたいと思います。」
(ここまで引用)


posted by 永遠の旅行者 at 00:33 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。