2015年06月22日
朴槿恵大統領「日韓の新たな未来開く元年に」 「次の50年の関係構築へ大統領と協力」と安倍首相 日韓国交正常化50年記念行事に相互出席
 日韓国交正常化から50年年を迎えた22日、在日韓国大使館の主催で東京都内で開かれた記念式典に安倍首相が、在韓日本大使館の主催したソウル市内での式典には朴槿恵大統領がそれぞれ相互に出席。
20150622 02 日韓国交行事の朴槿恵 あいさつ.jpg
(ソウルの記念行事であいさつする朴槿恵大統領=22日 青瓦台HPより)


スポンサードリンク

20150622 01 東京の記念行事であいさつする安倍首相.jpg
(東京の記念行事であいさつする安倍首相=22日 首相官邸HPより)

20150622 02 東京の記念行事に出席した安倍首相.jpg
(東京の記念行事に出席した安倍首相=22日 首相官邸HPより)

 産経新聞によると、出席した安倍首相は「これからの50年、手を携え、両国関係を作るため、朴槿恵大統領と力を合わせ、努力していく」と未来に向けたメッセージを強調。

 さらに「これまで50年の交流発展には、日韓双方が最も重要な隣国であり、信頼していかなければいけないという思いが共有されていた」とし、「半世紀の発展を振り返り、互いへの思いを改めて確認することが重要だ」「日米韓の協力関係は、アジア太平洋地域の平和と安定のため、かけがえがないものだ」と強調したそうです。


 聯合ニュースによると、東京の式典に出席した韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は、朴槿恵大統領のメッセージを代読。

 朴槿恵氏はメッセージの中で「(日韓間の)過去の歴史の重荷を和解と共生の気持ちで降ろせるようにしていくことが重要だ」とした上で、「両国がそれを始める時、国交正常化50周年である今年は、韓日両国が新しい未来を開く元年になるだろう」と表明しました。

 さらに「国交正常化50周年である今年を新しい協力の未来に進む転換点にすることが後世に対する我々の責務だ」とし、「今年は両国が未来に向かって進むことができる歴史的機会」と指摘。
 「両国国民の心を政府が一つにし、協力が必要な事項は共に協力しなければならない」と強調したそうです。


 ソウルでの行事に出席した朴槿恵大統領はあいさつで、東京の行事に送ったメッセージと同じ内容を読み上げたようです。
 日本からは日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相らが参加。

20150622 01 日韓国交記念行事の朴槿恵.jpg
(ソウルの記念行事に出席した朴槿恵大統領=22日 青瓦台HPより)

20150622 額田会長が朴槿恵表明.jpg
(額賀福志郎・日韓議員連盟会長の表敬訪問を受ける朴槿恵大統領=22日 青瓦台HPより)

20150622 炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官と握手する安倍総理.jpg
(尹炳世外交部長官と握手する安倍首相=22日 首相官邸HPより)


posted by 永遠の旅行者 at 18:12 | ソウル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。