2015年06月12日
韓国、MERS流行で外国人の旅行キャンセル続く 10日間で8万5千人に
 中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、今月1日から10日までに韓国旅行をキャンセルした外国人観光客は合計約8万4450人と集計されたそうです。
 韓国観光公社の発表として聯合ニュースが報じました。


スポンサードリンク

 これまでキャンセル数は、中国人観光客が最も多かったのですが、10日は台湾の観光客の方が上回りました。

 日本人のキャンセルもかなり増えていますね。

 まあ、例え運悪く感染しても、海外で報じられているほど「危険ではない」(高齢者や慢性疾患などの持病を抱えた人でなければ、比較的軽いインフルエンザ程度で済みそう)ことが次第に分かってきましたが、個人の「リスク管理」の観点からは、不要不急の韓国旅行を避けるのが正解です。


posted by 永遠の旅行者 at 01:40 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | MERSに恐怖する韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。