2015年06月10日
外国人の韓国旅行キャンセル 今月の9日間だけで7万人に迫る 旅行、流通通業界に深刻な打撃
 中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、韓国旅行を予定していた外国人のキャンセルが続出していることに何度か触れましたが、韓国観光公社の集計で、今月1日から9日までに旅行キャンセルした外国人観光客が6万7700人に上るそうです。



スポンサードリンク

 韓国観光公社の発表として韓国メディアが一斉に報じました。

 国・地域別に見ると、中国が6830人で最も多く、次いで日本の3400人、台湾の1400人、香港の900人と続きます。

 感染が終息しても、しばらくは韓国旅行を敬遠する雰囲気が続くでしょうし、韓国人の旅行も自粛ムードですから、韓国の観光、化粧品業界や、デパートなどの流通業界には深刻な打撃ですね。



posted by 永遠の旅行者 at 23:50 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | MERSに恐怖する韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。