2015年05月29日
スエ主演のSBS新ドラマ「仮面」がおもしろい 「野王」とキャラ被るも秀逸な演技力、緊張感あるストーリー展開
 スエ、チュ・ジフン、ヨン・ジョンフン、ユ・イニョンが主演を務めるSBSの新しい水木ドラマ「仮面」がスタートしました。
20150526 SBS仮面 01-02.jpg


スポンサードリンク
 実質的にはヒロインのスエが主人公であり、その秀逸な演技力と、緊張感あるストーリー展開で視聴者をグングン引き込んで行きます。


 このドラマはユチョンとシン・セギョン主演の「匂いを見る少女」の後番組。
 コミカルな刑事ドラマだった「匂いを見る少女」に対し、新ドラマは完全なシリアス路線です。

 「仮面」は第1話の全国視聴率が7.5%、第2話が9.2%(ニールセン・コリア調べ)と右肩上がりで、とりあえず同時間帯トップにつけていますが、まだ一ケタ台。
 個人的には次回で一気に視聴率を伸ばしそうな勢いだと思っていますが、今後に注目ですね。 
20150526 SBS仮面01-01.jpg

20150526 SBS仮面 01-03.jpg

 スエはクォン・サンウとの共演で高視聴率をマークしたSBSドラマ「野王〜愛と欲望の果て〜」(2013年)の悪女ヒロインと、キャラクターが微妙に被る感じなのが少し気になりますね。
 ただ、前作は自分の野望を実現するために手段を選ばずのし上がっていく女性であり、今回は「借金に苦しむ両親を助けるため、仕方なく提案された悪事に手を染める女性」という設定の違いがあるようです。


 メークや照明の力を借りているとは言え、今回のヒロインは前作よりも表情に透明感があり、純粋な印象を与えるのも、スエの演技力なのでしょう。
 

 今回、スエは次期大統領と目される大物政治家を父に持つ金持ちの娘「ウナ」と、貧しい家庭出身のデパート販売員「ジスク」の一人二役を演じています。

 チュ・ジフンも、幼少期の母親の死が原因で心の病を煩っている財閥の御曹司「ミヌ」役を好演。

 ヨン・ジョンフンはチュ・ジフンと腹違いの妹のダンナという設定で、また悪役ですが、ぴったりハマっている感じです。

 この人、実生活では人気女優ハン・ガインの夫ですね。


 ドラマは昨日の第2話で、ミヌと戦略結婚させられる予定だったウナが事故で脳死状態に陥り、容貌がうり二つのジスクが提案を受けてウナの身代わりを演じることになるところまで進みました。

 この提案をしたのはヨン・ジョンフンであり、彼はミヌを追い落とすことを狙っているようですが、ミヌはウナとジスクが入れ替わったことを知らずないまま、やがて彼女を愛するようになるみたいですね。

 財閥一家の後継者争い、それぞれの「愛と欲望」がドロドロに絡む展開になるようで、次回が楽しみです。


 ちなみに、チュ・ジフンはクォン・サンウと共演した「メディカルトップチーム」(2013年、MBC)、スエも同じくクォン・サンウと共演した「野王〜愛と欲望の果て〜」以来、ほぼ2年ぶりのドラマ出演。
 ヨン・ジョンフンもハン・ジヘと共演した「金よでてこい☆コンコン」(2013年、MBC)以来でしょうか。

20150526 SBS仮面 01-05.jpg

20150526 SBS仮面 01-04.jpg


posted by 永遠の旅行者 at 07:27 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。