2015年04月30日
「謝罪」なしの安倍首相演説に韓国カンカン 朴槿恵政権の「外交失敗」批判も噴出
 安倍首相が29日午前(日本時間30日未明)、ワシントンの米議会上下両院合同会議で演説しましたね。

 今回の訪米の「ハイライト」とも言え、朝日新聞によると、第2次大戦への「痛切な反省」に言及し、戦後の日米の和解の歩みを強調。
 米国人の犠牲者に哀悼を捧げ、アジアの国民に「苦しみを与えた事実」を認めたものの、「侵略」や「おわび」という言葉は使いませんでした。
20150429 abePM us-congrres speach.jpg
(演説する安倍首相、首相官邸HPより)


スポンサードリンク


 キャロライン・ケネディ駐日米大使が首相演説後に米国務省で朝日新聞に対し、演説について「(歴史問題に関する)過去の政府の談話を明確に支持した」と評価した上で、首相が戦後70年談話を出す今夏に向け、隣国との「関係改善がより大きく進むことを期待している」と述べました。

 首相演説にはスタンディングオベーションも多くあり、概ね成功だったと判断できます。
 ケネディ大使の発言が米政府の見解を代弁していると見られ、日米両政府による事前のすり合わせもあって、オバマ政権は今回の演説に「合格点」を出したと言えるでしょう。


 「歴史」をめぐるニューヨークタイムズ紙やワシントンポスト紙の批判的な論調は、安倍首相に「歴史修正主義者」のイメージが国際的に染みついているため、どうしようもありません。


 ただ、ケネディ大使が隣国(具体的には韓国のことでしょうが‥)との関係改善の進展に期待を表明していることから、米国は首相が戦後70年談話でアジア諸国への配慮をもう少し示すよう促しているのでしょう。

 朴槿恵政権の方も、戦後70年談話に「謝罪」「慰安婦」「植民地支配」というキーワードを盛り込ませようと必死になるでしょうから、8月まで韓国との神経戦がさらに激しくなるのは確実。

 韓国に対する余分な譲歩は必要ありませんが、日本が意固地になるのも得策ではありません。
 キーワードの扱いをどうするかは、米国の意向や中国の納得水準なども勘案しながら、国際社会全体の受け止めや、日本の「国益」を最大化できる線で決着を図るべきです。


 まあ、今の流れで行けば安倍首相が「謝罪」を明言する可能性は低いでしょうが、様々な意味で将来に禍根を残さないようにすればよいわけで、後は首相の判断次第ですね。


 ところで聯合ニュースによると、韓国外交部は本日、安倍首相の演説について「正しい歴史認識を通じ、周辺国との真の和解と協力が成し遂げられる転換点になり得るにもかかわらず、そういう認識も、真の謝罪もなかったことを非常に遺憾に思う」とする報道官声明を発表しました。

 これは安倍政権としては想定済みの反応でしょう。

 朝鮮日報によると、安倍首相の演説が始まってから外交部の報道官声明が出るまでに15時間程度かかっており、韓国政府が対応に苦心したことがうかがえます。


 韓国メディアでは朴槿恵政権の対日、対米外交の「失敗」を指摘する声が日に日に高まっているほか、与党セヌリ党内からも外交政策の再点検を求める意見が噴出。

 韓国政府は「外交失敗」との見方を否定しており、外交部の報道官は会見で「米日関係が進展したからといって韓米関係が悪影響を受けたり、韓国外交の失敗と見たりするのは、度を越した解釈で、個人的には極端な考えだと思う」とした上で、韓米関係は過去最高の状態であると強調したとか。


 地上派キー局は政府の統制が強いのであまり突っ込んでこないものの、大手紙系列のケーブル専門局ではニュース番組のキャスターが、外交部報道官が「外交失敗」ではないと発言したことを正面から批判していました。


 一方で、朱鉄基(チュ・チョルギ)大統領外交安保首席秘書官は本日、韓国国防研究院(KIDA)などが主催してソウル市内で開かれたセミナーで、対日関係について「今年中に(慰安婦問題など日本との)歴史問題を解決しようと努力している。歴史と安全保障を切り離して扱い、韓日関係(における問題)を必ず解決する」と表明したそうです。

 要は、朴槿恵大統領が現在の路線で強行突破を図るつもりだということのようですね。



posted by 永遠の旅行者 at 21:03 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。