2015年04月18日
ユチョン主演「匂いを見る少女」がキム・ヒソンのMBCドラマと激しい2位争い コミカルで軽快なストーリー展開、今年一番のお薦め作品
 人気グループ「JYJ」メンバーのユチョンと女優シン・セギョン主演のSBS水木ドラマ「匂いを見る少女」は、視聴率が8%に近づき、2ケタの大台も視野に入ってきましたが、あと一歩のところで足踏みしています。
yuchon daumVodCapture_40초.jpg


スポンサードリンク

 先週の第4話の視聴率が7.8%、今週の第6話は7.5%となり、キム・ヒソン主演のMBCドラマ「アングリー・マム」と同時間帯2位の座を激しく争っている状況。


 ちなみに、同時間帯1位はKBSドラマ「優しくない女たち」ですが、12%前後とあまり強いわけではなく、3作品が混戦状態にあると言っても過言ではありませんね。


 「匂いを見る少女」については、私も放映開始前のドラマ紹介を見たときは「現実感に乏しく、わざとらしい物語になるのではないか」と思いましたが、良い意味で「期待外れ」の作品でした。
daumVodCapture_1분9초.jpg

 とにかくユチョンとシン・セギョンのコンビが息をピッタリ合わせ、それぞれの役どころで微妙な心理描写を巧みに表現し、コミカルな笑いを生み出すことにも大成功。

 テンポの速いストーリー展開と、観る者を飽きさせない演出で、完成度はかなり高いです。
daumVodCapture_1분20초.jpg

 ドラマは「バーコード連続殺人事件」の犯人追跡という太い縦糸を軸に、毎回、異なる事件が1話完結で挿入されており、ソ・ジソプ、コン・ヒョジン主演の「主君の太陽」(SBS、2013年)に似た構成を狙っているように感じられます。


 視聴率がなかなか伸びないのは、ホームドラマ的な要素がなく、年配者層を取り込めないためと思われますが、「おもしろさ」という点では、今のところ「今年一番のお薦め作品」と言えます。
daumVodCapture_27초.jpg

 引き続き「匂いを見る少女」に注目です。


posted by 永遠の旅行者 at 18:17 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。