2015年04月12日
韓国のガールズグループ「2NET1」のCL、オンライン投票でトップ 米タイム誌が選定進める「世界で最も影響力ある100人」
 米タイム誌が毎年、公表する「世界で最も影響力ある100人」の選定に際して行われたオンライン投票で、韓国のガールズグループ「2NET1」のCLがロシアのプーチン大統領とともにトップに立ちました。
 タイム誌の当該サイトはこちら
2ne1-ent-t100.jpg


スポンサードリンク

  投票の候補は158人で、CLとプーチン大統領は得票率6.9%で同率。

ちなみに世界的なポップスターのレディー・ガガは2.6%で3位。

 オバマ米大統領は1.4%で11位となり、少し離れて中国の習近平国家主席が0.9%、北朝鮮の金正恩第1書記が0.8%、作家の村上春樹が0.6%、日本の安倍晋三首相は0.4%でした。(笑)


 2NET1とCLがいくら韓国で人気があるからと言っても、レディー・ガガの倍以上の得票を得るなんて、なんとも胡散臭い投票ですね。


 数年前に「少女時代」がYouTubeアワードを受賞し、会場の聴衆からブーイングが起きていた事件を思い出します。


 CLは米国への本格進出を間近に控えているということなので、所属事務所にとっては絶好の宣伝になったというか、出来すぎですね。
 もし、所属事務所が介在した「宣伝行為」だとしたら、CL本人のためにも良いこととは言えないでしょうし、欧米でアジアのミュージシャンに対する悪印象を植え付けることになります。


 さすがの韓国人も「おかしい」と思っているらしく、ネット上は「所属事務所がバイトを雇ってやったんだろう」「やり過ぎて、逆に欧米でK-POPに対する反感を生むだけ」と批判的な意見で溢れています。


 いずれにしても、今月16日に発表されるタイム誌の「世界で最も影響力ある100人」が楽しみですね。


posted by 永遠の旅行者 at 17:02 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。