2015年04月05日
サクラの自国起源を主張し、勝手に日本批判を展開する韓国 放置すれば「文化侵略」招く危険も
 韓国では毎年、サクラの季節が近づくと、「日本を象徴する花として世界に知られるサクラは、済州島の漢拏山(ハルラサン)に自生する王桜(왕벚나무)を起源とし、韓国が原産地」という主張を、有力メディアが大々的に展開します。




スポンサードリンク

 専門家によると、既にDNA調査の結果、王桜と日本のソメイヨシノは別種と確認されているそうですが、韓国文化庁は未だに「ソメイヨシノは韓国の王桜が日本へ導入されたもの」という説を採っており、韓国メディアもこれを根拠に「韓国起源説」を世界に広めようとしています。


 テレビニュースの報道は特にひどく、「ここでも日本が歴史歪曲をしている」とキャスターが真顔で堂々と発言しているのですから、韓国メディアのいい加減さは極まれりですね。


 恐ろしいのは、しっかりした根拠がなくても、誰かがいったん「韓国起源説」を唱え始めると、それが韓国人の民族主義的な感情を刺激し、メディアもほとんど無批判に加勢するのが通常のパターン。

 特にソメイヨシノの事例のように日本絡みの場合、「反日情緒」も手伝って、韓国の学者やメディアの主張が「絶対に正しい」という大前提から議論が始まり、反論を試みる者は「売国奴」扱いされ、次第にアンタッチャブルな世界になっていくのです。

 そして極端な誤解と思い込みに基づき、「日本の歪曲」を正す国民的な運動がスタートし、世界に向けて日本を非難し始めるのが通例ですね。


 韓国メディアは、日本が寄贈したワシントン・ポトマック河畔のサクラを引き合いに出しながら、「韓国が原産地なのに」とよく報じているので、いずれはサクラの季節に現地で「日本の歪曲」を訴える韓国人や韓国系米国人が出てくるのは時間の問題でしょう。(笑)


 ハンギョレ新聞によると、ソウルの汝矣島(ヨイド)と慶尚道道の鎮海(チンヘ)を含む韓国の桜祭りの主人公は、すべて日本が園芸種で作ったソメイヨシノだそうです。

 何十年か経つと、「汝矣島のサクラが日本のソメイヨシノの起源になった」と言い出す韓国人が出てくるかもしれませんね。


 そもそも専門家によれば、サクラの原産地はヒマラヤから中国南西部にかけての地域とみられ、そこから各地に広がったとか。
 不明確な部分はあるものの、少なくとも韓国が原産地ではなく、「韓国起源説」自体が全くのナンセンスなわけです。


 韓国紙の中央サンデー(中央日報の日曜版)は、ソメイヨシノの原産地が済州島だという主張とは別問題として、「原産地がどこであれ、昔からサクラの花への愛が最も強いのは日本だった」「韓国の伝統でないサクラ祭りをはっきりしない民族主義で包装するのは自己欺瞞」というコリア中央デイリー文化部長のムン・ソヨン氏のコラムを掲載していましたが、こうした意見はごくごく少数派。

 韓国はそのうち、「花見文化」をユネスコの文化遺産に登録しようと狙ってくるかもしれません。
 一見、些細なことに見えますが、日本として先々を読んで、きちんと対応することが重要なのは言うまでもありません。


 もちろん、こうした部分に国が口出しするのは本来、望ましいことではないと思いますが、放っておけば「文化侵略」を招き、世界に向けた日本のイメージ戦略にも打撃を与えかねません。

 やはり、「独島」(竹島の韓国名)、「東海」(日本海の韓国名)に限らず、あらゆる分野を対象にした「歴史の書き換え」を狙う動きは今後も続くはずですので、日本も内閣府内に省庁を横断する専門部署をつくる必要があるのではないでしょうか。



posted by 永遠の旅行者 at 16:16 | ソウル ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。