2015年03月22日
米国大使襲撃、「民族衣装とテロ」イメージ結びつく 韓国メディアはイスラム過激派事例に観念定着を警戒
 リッパート駐韓米国大使を襲撃した金基宗(キム・ギジョン)容疑者が事件当時、ピンク色の改良韓服(日常生活で着やすいようデザインされた韓国の伝統衣装)を着ていたことから、韓国内で「韓服」に対するイメージが悪化し、伝統衣装のデザイナーらから懸念の声が出ているそうです。




スポンサードリンク


 朝鮮日報も「いつからか、海外メディアの注目を集める韓国人の暴力や奇行の現場に、韓服がしばしば登場するようになった」と過去の事例を振り返り、「韓服」の不幸を嘆いていました。


 考えてみると、韓国国会で過激な行動で知られる革新系の姜基甲(カン・ギガプ)議員がいつも韓服姿で登院し、国会乱闘の場面で暴力的な振る舞いをするニュース映像を観るたびに、衣装の特異さに嫌でも目が行きます。


 姜基甲議員は、2005年に香港で開かれた世界貿易機関(WTO)閣僚会議に反対するデモのほか、06年に米ワシントンで行われた米韓自由貿易協定(FTA)反対デモや、韓国内で08年に繰り返された米国産牛肉輸入解禁反対デモに、それぞれ「韓服」姿で加わり、派手なアクションを繰り広げてきました。


 姜基甲議員は革新系であり、民族主義者です。
 金容疑者ほどではないにしても、その行動は過激で、国会の事務総長室で机の上を飛び跳ねたり、暴力的にいすを投げつけたりと、非常識な行動を平気で行ってきました。

 ソウルに駐在する海外メディアにとっては、韓国の「乱闘国会」を報じるる際、「奇行を繰り返す国会議員」としてニュース映像には欠かせない人物となっていますね。(笑)


 朝鮮日報は「一部のイスラム過激派のせいで、イスラムとイスラムの伝統衣装はテロと暴力のシンボルのように受け止められている」とした上で、金基宗容疑者の影響などで「韓服」の悪口を言う人がいることに懸念を示しています。

 ただ、同紙がコラムで「イスラム過激派」の話にまで触れながら、この問題を取り上げたのは、韓国内でさえ、「テロ、暴力と韓服」を重ね合わせて連想する人が相当増えている証拠でしょう。

 そして、なによりも「韓服」という伝統アイテムとテロのイメージが結びつき、「韓国の民族主義者はテロリスト」という観念が海外で定着するのを防ぎたいという思惑があるのでしょう。


 いずれにしろ、米国大使襲撃事件を起こした金基宗容疑者が「韓服」姿だったことは、図らずも過激な民族主義者が「反日」活動家であり、かつ「反米」活動家であることを世界に印象づける象徴する出来事となりました。





posted by 永遠の旅行者 at 17:24 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 米大使襲撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。