2015年03月16日
「対日批判の名分失った」と朝鮮日報記者 米国大使襲撃で大胆コラム、身辺に危険及ばないか?
 市民団体「ウリマダン独島守護」代表の金基宗(キム・ギジョン)容疑者が米国大使を襲撃した事件を受けて、韓国人の中にも自国社会の「闇」について自省している人もいるようです。

安重根と伊藤博文

安重根と伊藤博文
価格:2,412円(税込、送料別)




スポンサードリンク

 朝鮮日報の文甲植(ムン・ガプシク)先任記者が任地の英国から帰国する際に書いたコラム「韓国が対日批判の名分を失った5年前の事件」を読んで、少し驚きました。


 韓国人メディアの人間で、これほど自国を冷静に見ることが出来る人がいるのか、と。(笑)
 同時に、安重根まで引き合いに出したかなり大胆な内容で、「韓国民から猛反発を受け、謝罪に追い込まれるのではないか?」と他人事ながら少し心配になりました。


 あくまでも韓国人の立場からの「自省」で、自国中心の「天動説」から完全に脱しているわけではありませんが、それなりに興味深い内容なので引用します。

 ただ、こういう人は韓国では「極めて少数派」、というか、「珍しい人」だということも念頭に置いて読んで下さい。


 以下は引用です。
 荷物をまとめるだけでどっと力が抜けた。
 私の祖国は金基宗(キム・ギジョン)容疑者(55)が大暴れした国だった。
 このテロリストが、何とかいう団体の「長」という肩書きを振りかざして「進歩系の人物」扱いされ、一部政治家が支援金まで渡していたという嘆かわしい国に、私は戻らなければならなかった。

 生まれてからずっと見てきた国なのに奇妙な気がした。
 「私が誇りに思う大韓民国はこんな国でしかなかったんだな」という実感、世界で一番しっくりこないのは事実だ。
 ドーバー海峡を離れ、大韓海峡(「対馬海峡」の韓国名)に向かう飛行機の中で広げた新聞も、しばし忘れていた現実を激しいほどに吐き出していた。

 今もわれわれ韓国人の中にはテロリストを「烈士(信念を貫いた人)」「罪を憎んで人を憎まず」と擁護する勢力がある。
 「烈士の共和国」に戻る途中で冷笑を感じた。
 無表情な能面、その裏に隠された日本人たちのせせら笑いだ。

 日本人たちは「これぞまさに韓国の水準だ」と哀れんでいるだろう。
 もし私が日本の新聞記者なら「白昼の刃傷沙汰」を「一部の韓国人は金基宗容疑者を『独立運動家』安重根(アン・ジュングン)や尹奉吉(ユン・ボンギル)と同列に扱っている」と皮肉っていたはずだ。

 こうした事実が知られれば、たちまち韓国の誇らしい対日抗戦史は色あせたものになってしまう。
 罪のない人々の首を切って殺害するイスラム過激派と同じレベルに転落する。
 なぜ韓国人は「克日」を叫び、損にしかならないことばかり引き継ぎ、やり続けるのだろうか。

 日本人たちは「韓国は我々(日本人)には無理だ」と、首を振っていることだろう。

 もし私が日本の新聞記者だったら「マーク・リッパート駐韓米国大使に刃物で切り付けた金基宗容疑者は、2010年に重家俊範・在韓日本大使にコンクリート片を投げ付けた人物だ。韓国の司法当局がこの時、厳しく断罪していれば悲劇は起こらなかっただろう。しかし、韓国では当時…」と、5年前にあった出来事を思い起こさせた上で、なぜ韓国の大統領が日本大使の見舞いはしないで、米国大使の所にだけ見舞いに行ったのかについて弁明を要求すると思う。

 こうした事実が再びクローズアップされたら、その瞬間、韓国がこれまで日本に対し加えてきた圧力は名分を失う。

 果たして日本大使と米国大使のケースは何がどう違うと言うのか。
 不幸なのは、韓国社会はこのような「嘲弄(ちょうろう)」に対応する準備ができていないことだ。

 「日本はやられても当然」「過去の侵略も反省していないくせに…」と怒鳴り返す?
 それとも「日本大使と米国大使のケースは本質が違う」と反論する?
 どちらにしても、このようにあいまいな反撃が共感してもらえる所が、韓国内部以外にあると言えるだろうか。

 それでも韓国は5年前の事件について一言も言及せず、日本を訪問したドイツのメルケル首相の発言の解釈に熱を上げている。
 その発言について、全世界が韓国に味方し、日本を厳しく叱責(しっせき)する言葉だと受け取っているとしたら、勘違いも甚だしい。

 ちょうど300日間、英国に滞在して感じたのは、英仏、英独、独仏という3つの国の歴史は、韓日関係よりもはるかに複雑で遺恨が深いということだ。
 しかし、この3つの国の国民たちが互いを「この野郎」「あの野郎」とさげすむところは見たことがない。

 それは、彼らが歴史を忘れてしまったからではない。相手を完全に許したわけでもない。
 3つの国の人々は「感情」よりも「理性」、「悪口」よりも「法律」、「対立」よりも「和解」の方が利益になるという事実を冷静に受け入れただけなのだ。
 それは現在の欧州連合(EU)を築く礎となった。

 天地がひっくり返らない限り、互いに顔を合わせずには生きていけないのが韓国と日本だ。
 大韓海峡が近づく帰国の途で、私は韓国人がもう少し利口に、そして「計算」して生きることができたならば、という希望を海に向かって投げた。
(ここまで引用)


 どうですか。
 朝鮮日報の電子版(韓国語版)に掲載された記事に寄せられた意見や感想には、やはり批判的なものが目立ち、「お前のような認識を持つ記者から後輩たちは何を学ぶというのか?」「日本に行って暮らして下さい!」と言った罵声が飛んでいました。

 安重根の名前が出ると「狂信的」な行動に走る韓国人がいないとも限らないので、文甲植記者はどうかテロに遭わないよう、身辺にはくれぐれも気をつけて下さい。
 これは皮肉ではなく、本心です。



posted by 永遠の旅行者 at 18:23 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。