2015年03月15日
ケーブル専門局「tvN」のドラマ、バラエティーが熱い キー局にない実験的な番組作り、視聴率も好調
 韓国のケーブル専門局「tvN」が昨年、放映して、若者を中心にセンセーションを巻き起こしたドラマ「未生」が、「ケーブルテレビ放送大賞2015」の大賞に輝いたそうです。



スポンサードリンク

 tvNは、映像や音楽のコンテンツ事業にも力を入れている財閥のCJグループ傘下のテレビ局です。
 ケーブル専門局といっても馬鹿にしてはいけせん。


 「未生」は10%前後の視聴率を記録しましたし、毎週金曜日に放映されているバラエティー「3度の食事」は地上波3局の番組を抜き去り、同時間帯の視聴率トップを維持しています。


 豊富な資金力に支えられ、キー局から引き抜いた優秀なスタッフが実験的な番組づくりをできる雰囲気が功を奏している感じで、ドラマも話題作が続々。
 キー局で主演を張る俳優たちも、脚本が気に入れば躊躇なくtvNのドラマに出演します。

 今回の「未生」は非正規職の会社員の悲哀をつづったドラマで、リアルで繊細な描写が人々の胸に突き刺さり、共感を呼んだようですね。


posted by 永遠の旅行者 at 08:02 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。