2015年03月15日
反日発言の「少女時代」が今月末から日本ツアー 「歴史を忘れた民族に未来はない」とサニー
 韓国のガールズグループ「少女時代」が今月26日から日本ツアーを始めるそうです。




スポンサードリンク

 以前、このブログでも取り上げましたが、韓国で植民地時代の抗日運動を記念した「3.1節」を迎えた今月1日、「少女時代」メンバーのサニーが自分のインスタグラムに「歴史を忘れた民族に未来はない」という一文とともに「太極旗」(韓国国旗)を掲載しました。

 日本で活動する芸能人とはいえ、韓国人ですから、心の奥の「反日情緒」は隠せないのでしょうが、いくら何でも日本のファンをばかにしていませんか?


  サニーは「民族」という言葉を使っているので、国としての「日本」ではなく、日本人という人種、民族を強く批判しているわけです。
 一部の日本人ではなく、自分たちのファンも含め「すべての日本人」が批判の対象です。


 おそらく韓国人の心の奥底には「日本人がこの世界から消滅しない限り、すっきりしない」という感情がうごめいており、教育やメディアを通じて若者に受け継がれているように感じられます。


 こうしたバリバリの「反日」全開発言で、韓国メディアによると、一部の日本ネチズン(ネット市民)は「日本で活動する少女時代として反日感情とは‥。二度と日本に来るな」と激しい反応を見せました。

 サニーも子供ではないのだから、どういう反応が出るかは考えれば分かるはずですよね。

 私も当時、サニーのインスタグラムを探して内容をチェックしました。
 確かに報道通りです。→ここ


 「歴史を忘れた民族に未来はない」という言葉は、朴槿恵大統領が演説で日本批判のキーフレーズとして使って以来、韓国内でしょっちゅう登場するようになりました。


 私には、この言葉に「日本人に対するホロコースト」を呼びかけるような気持ち悪さを感じるのですが、みなさんはどうでしょうか。

 またサニーも、歴史問題で日本人に言いたいことがあるのなら、一度、コンサートでどうどうと表明してみたらよいのではないでしょうか。



posted by 永遠の旅行者 at 06:06 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。