2015年03月11日
チュ・ジフンとスエ主演のSBSドラマ「仮面」に期待 5月スタート、財閥絡みでドロドロの陰謀劇か 
 俳優チュ・ジフンと女優スエが、5月にスタートするSBSの新水木ドラマ「仮面」で主人公を演じるそうです。




スポンサードリンク

 韓国メディアによると、自分の本当の姿を隠して財閥一族に嫁入りしたヒロインと、無条件に愛する女性を守る男性主人公、ヒロインの正体を暴こうとする者、隠そうとする者などそれぞれの思惑が入り乱れる中、繰り広げられる暗闘、陰謀、復讐を描いていくそうです。


 主演の2人は、どちらも、ほぼ2年ぶりのテレビドラマ出演となりますね。

 チュ・ジフンは、除隊後の復帰で最初の作品となったSBSドラマ「蒼のピアニスト(韓国での題名は「5つの指」)」(2012年)はまあまあだったのですが、クォン・サンウと共演した次のドラマ「メディカルトップチーム」(2013年、MBC)が視聴率ヒトケタ台で惨敗し、今回は起死回生を狙っての登場です。

 スエは、SBSドラマ「野王〜愛と欲望の果て〜」(2013年)の悪女役が本当にハマっていましたね。
 安定した演技力に加え、クォン・サンウとの息もぴったりで、20%以上の高視聴率をたたき出しました。

 そういえば、両方ともクォン・サンウが絡んでいますね。(笑)


 スエは今回もドロドロした役柄のようで、「野王」のようにピッタリ来そうです。
 個人的には、スエの顔に演技やメイクでは隠せない悲しい陰があるように見えてしまうため、明るい役柄は似合わない気がします。

 そういえば、彼女がこれまで演じたヒロインも、だいたい悲しみを背負っているケースが多いですよね。

 いずれにせよ、なかなか期待できそうなドラマです。



posted by 永遠の旅行者 at 01:39 | ソウル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。