2015年03月10日
韓国メディア、メルケル首相を「反日の闘志」扱いで大はしゃぎ 慰安婦問題で安倍首相にくぎを刺すのを期待
 ドイツのメルケル首相が日本を訪れ、朝日新聞で講演した際、戦後70年を迎えた日本が歴史問題をめぐり、中国や韓国との対立をどうやって克服すべきかとの質問に対し、ナチスによるユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)の歴史を背負うドイツが第2次大戦後「過去ときちんと向き合った」ことで、国際社会に受け入れられたとの考えを示したそうでね。




スポンサードリンク

 歴史に向き合うことは大切であり、安倍政権も中国や韓国に「歴史カード」を利用されないよう慎重な対応をしてもらいたいものです。


 ただ、今回のメルケル首相の訪日をめぐり、韓国メディアは、同首相が慰安婦などの歴史問題で日本に圧力をかけることを強く期待しています。
 韓国メディアは、メルケル首相がドイツの過去の歴史に触れる発言をすると、「そら、安倍首相を批判した」と、まるで同首相が朴槿恵大統領並みの「反日の闘志」であるかのような大騒ぎで、かなりトンチンカンな報道が目立ちます。


 特にテレビのニュースを見ていると、一般の韓国人が「メルケル首相は、第2次大戦終結から70年を契機に、韓国の代わりに日本に対し歴史問題で注文を付けるために訪日したんだな」と勘違いしてもおかしくないような雰囲気です。(笑)


 日本のNHKに相当するKBSテレビは昨日夜のニュース番組で、キャスターが冒頭から「ドイツと日本は同じ敗戦国だが、過去の歴史の反省について180度違う姿勢を見せている。訪日したメルケル首相が過去の歴史の反省の必要性を何回も強調した」と切り出し、東京特派員のリポートを報じていました。

 その東京特派員は、朝日新聞での講演について「慰安婦問題で安倍政権と対立している朝日新聞で講演」と前置きし、メルケル氏の発言が「安倍政権を婉曲に批判した(ものだ)」と解説していました。
 さらに日独首脳会談でも、ウクライナ問題やエネルギー問題での協力を主に論議しながらも「過去の歴史問題を取り上げた」と強調しました。


 もっとずばり、キャスターが「メルケル首相は日本に過去の歴史への反省を求めた」と断言したテレビ局もありました。


 以上のことを書いた後、KBSの昼のニュースを観ていたら、東京特派員がメルケル首相の発言について「安倍首相を批判した」と断言し、ウクライナも福島第1原発事故も吹っ飛ばして、「歴史発言」一本槍の報道をしていました。
 昨日夜のニュースも針小棒大な報道でしたが、本日は完全に「歴史」一色ですね。

 本当に、韓国の報道だけ観ていると、メルケル首相が日独首脳会談で「過去の歴史」を中心議題にし、安倍首相に対して完全な対決姿勢を取り、安倍氏がたじたじになっているような印象を受けます。

 きっと、こうした報道に接したほとんどの韓国人は、「やはり韓国の正義をドイツも応援している」と考えるのでしょうね。


 おまけに、韓国外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は10日の定例会見で、メルケル首相が歴史に向き合う重要性を訴えたことと関連し、「日本が歴史を直視する勇気を持ち、過去の傷を癒すことに努め、周辺国や国際社会との信頼を築いていくことを期待する」と述べました。

 メルケル首相の発言を最大限に「対日圧力カード」として利用しようとする姿勢が露骨です。


 韓国の「反日」外交のやり方としては正しいのでしょうけど、こういったことをやればやるほど、「嫌韓」ではない日本人も韓国嫌いに追い込んでいくことを知らないのでしょうか。

 仮に韓国が近い将来、「離米従中」を貫徹し、日本を「仮想敵国」と公に規定するつもりであったとしても、長期的な視点に立てば、自ら日本国内の「親韓国派」を消滅させるような戦術を取ることは韓国自身の国益にも合致しないと思われますが、「反日」大統領への「忠誠競争」に励むしかない官僚にとって、そんなことは関係ないのでしょう。

 こうした極端な韓国メディアの報道ぶりと韓国政府の「反日利用」を知って、一番驚くのはメルケル首相本人ではないでしょうか。



posted by 永遠の旅行者 at 07:26 | ソウル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。