2015年03月08日
ピーチが仁川〜那覇路線を9月開設、大歓迎! 冬場の「寒波とPM2.5」回避が容易に
 格安航空(LCC)のピーチが9月4日からソウル(仁川)〜沖縄(那覇)路線を開設します。
 韓国在住者にとっては朗報ですね。
IMG_0791.JPG
(関西国際空港に到着したピーチの機体 2014年)


スポンサードリンク

 現在、ソウルから沖縄に旅行する際、人気路線だけでにアシアナ航空などの既存エアラインの料金は非常に高くなっています。
 LCCでは韓国のティーウェイ航空(t'way)とジン・エアー(JIN AIR)がそれぞれ那覇便を運航しているものの、1人当たり往復4万円程度はかかり、うまく日にちを選んで、ピーチを使い関西国際空港経由で行った方が安くつきます。


 公表されているピーチの運賃を見ると、普通の平日であれば、ソウルから釜山や全羅南道を高速鉄道を使って旅行するより、沖縄の方が安いぐらいになりそうです。


 私と嫁さんはこのところ、冬は沖縄でロングステイしていましたが、今年はソウルで過ごしました。

 今年は長期間にわたる寒波がなく、雪も少なかったのでそれほど辛くはなかったものの、数年ぶりの酷さとなった「冬の黄砂」には閉口しましたね。

 やはり、冬でも自然の中をおもいっきり歩いて、景色を楽しめる沖縄は最高です。


 以前にも書きましたが、冬の沖縄の最大の欠点は「雨」と「風」ですが、なんとか我慢の範囲内でもあります。
 雨に関しては、一日中ひどい雨が降り続くことはなく、冷たい北風も、マイナス10度前後の厳寒に見舞われるソウルの冬とは比較になりません。


 ただ日本本土に比べ、食事の味付けが台湾に似て少しこってりな感じで、あっさり系が好きな私たち夫婦には少しマイナス評価となります。

 いずれにしても、那覇から石垣島や宮古島はもちろん、台湾や香港にまで足を伸ばすことも簡単で、冬の「避寒」でよい選択肢ができ、大歓迎です。











posted by 永遠の旅行者 at 18:56 | ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | ロングステイ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。