2015年02月22日
韓国で美容整形手術の中国人女性が脳死状態に 外国人患者のトラブル頻発、ひどいボッタクリも
 世界一の「美容整形大国」と言われる韓国ですが、医療事故が多い上、医師免許のない看護師や事務員に手術をやらせたり、忙しいので医師1人が同時に数人の患者を執刀するなど、めちゃくちゃな行為が横行しています。


スポンサードリンク

 韓国メディアが「これでもか!」というほど問題事例や事件を報道し、実際に酷い後遺症に悩まされたり、死亡する人が相次いでいるのに、韓国人女性の欲望は果てしないというか、よくも手術を受けに行きますね。


 先日、ハンギョレ新聞が報じていましたが、わざわざ韓国に来て整形手術を受けた中国人女性が脳死状態になったそうです。
 詐欺まがいの広告や、「韓流」ドラマに出てくる整形美女たちの姿にあこがれて手術を受けに来る外国人が増えているようですが、日本人女性もいい加減、韓国で手術を受けるのを止めた方がよいのではないでしょうか?


 以下はハンギョレ新聞の記事です。
 先月27日、ソウル清潭(チョンダム)洞のある整形外科で手術を受けていた中国人女性が脳死状態に陥る事故が発生した。
 韓国を訪れ、6時間かけて目と鼻の複合整形手術を受けた女性は、突然呼吸が止まり、意識を失った。女性は急いで近くの大型病院に運ばれたが、結局脳死判定を受けてしまった。
 事件直後、大韓美容整形外科医師会は「(その病院は)事務長病院である可能性が高い」とする声明を出した。事務長病院とは病院を開くことができない無資格者が医師を雇って不法に運営する病院を指す。

 ソウル江南の美容整形外科で患者受付と案内の仕事をしているが李氏(27・女)はハンギョレとの通話で、「韓国人には100万〜200万ウォン(約10万8千円〜21万6千円、1円=9ウォン)の二重まぶたの手術を、中国人には500万ウォン(約54万円)、多い時は1000万ウォン(108万円)まで取る。初めから整形手術を受けるつもりで入国する上、韓国医師は腕がいいと知られているので、コストが高いことを知りながらほとんどそれに応じる」と打ち明けた。
 間に中国人患者を誘致する仲介業者が入っているので、手術費がさらに高くなることもあるそうだ。

 保健福祉部は13日午前、企画財政部などの関係省庁とともに「医療システムの海外進出と外国人患者誘致のための支援協議体」を開き、外国人美容整形患者のための医療安全強化対策を発表した。
 中国など国外からの患者を集め、一定の手数料をもらって韓国内の美容整形外科などに紹介する「不法ブローカー」が暗躍し、過度の手数料と診療費の水増しなどの問題が後を絶たない上、大小の医療事故などで外国人患者の不満が高まっているという判断から出た措置だ。

 実際に韓国で医療紛争調整仲裁に訪れる外国人患者の相談件数は、2012年の開院以来、毎年大幅に増加している。2012年に58件だった相談事例は、2014年には129件と2倍以上に増えた。
 このうち中国人患者の相談は、2012年は36件、2013年は59件、2014年は99件で多くを占めている。
 福祉部の関係者は「中国人患者の約40%が美容整形を目的に韓国の病院を訪れるが、彼らを誘致しようとする競争が激しくなり、違法ブローカーと無資格者の手術などの問題が生じている」と話した。
(ここまで引用)


 どうですか。

 韓国政府は前の李明博政権時代から、外国人が観光のついでに韓国の病院で健康診断や治療を受ける「医療観光」誘致に力を入れてきました。
 もちろん、この中には美容整形手術も含まれています。

 ハンギョレ新聞の記事には保健福祉部のデータに基づく図表が付けられていました。
 それによると、韓国の病院で医療行為を受けた中国人患者は2009年の1657人から2013年には2万5433人に急増し、うち約40%が美容整形だそうです。

 韓国で美容整形手術を受ける中国人がこれほど多いとは、私も知りませんでした。
 人口を考えると、放っておけば、ものすごい勢いで増加していきそうですね。
 まあ、被害者数も加速度的にアップするのでしょうけど。


 本当に韓国紙の報道を見ると、美容整形業界は「江南(カンナム)」地区に病院を構えて高級イメージで売っているくせに、命の危険を感じるほどのいいかげんさに加え、外国人には「ぼったくり」のやりまくりなのですね。


posted by 永遠の旅行者 at 01:03 | ソウル 🌁 | Comment(0) | 中国人頼みの韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。