2015年02月20日
ヒョンビン主演ドラマ、視聴率5%台で最下位 俳優奮闘も再上昇は困難か
 このブログでも何度か取り上げたSBSテレビの水木ドラマ「ハイド・ジキル、私」。

 ヒョンビンの「除隊後、初めての主演ドラマ」ということで注目を浴びましたが、視聴率は同時間帯で最下位のままです。
 19日の放送は、ニールセン・コリア調べの全国視聴率が5.4%となり、ついに5%台に落ちました。




スポンサードリンク


 ここまで低下すると、通常、視聴率の反転・再上昇が難しいといわれる水準です。


 同時間帯の視聴率トップはMBCドラマ「Kill Me, Heal Me」(同9.4%)で、10%の大台を突破しそうな勢い。


 「ハイド・ジキル、私」と「Kill Me, Heal Me」は、多重人格を題材とした点がダブっている上、「ハイド・ジキル、私」の原案者である「ウェブトゥーン」(スマートホンで読むマンガ)の作者が、「Kill Me, Heal Me」について「盗まれたドラマだ」と盗作呼ばわりする騒ぎまで起きましたが、視聴率対決では「Kill Me, Heal Me」の方に軍配が上がりました。


 「Kill Me, Heal Me」は芸達者な人気者、チソンとファン・ジョンウムが主演し、アクセントの効いたコミカルな演技で視聴者を引きつけているようです。

 「ハイド・ジキル、私」の方も、ヒョンビンはもちろん、ヒロインのとハン・ジミンも奮闘しているのですが、脚本の工夫が足りないのか、観ていて今ひとつ緊張感が続きません。

 どちらにしろ、終盤に向けてもうひとがんばりして欲しいですね。





posted by 永遠の旅行者 at 10:33 | ソウル 🌁 | Comment(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。