2015年02月15日
無料サービス、他人の迷惑関係なしに独占 韓国人の市民意識に疑問呈するメディア
 とにかく「無料」と聞けば、他人の迷惑を顧みずヒンシュクものの行動を取る韓国人。
 以前にも、このブログで書きましたが、スーパーマーケットやデパートの試食コーナーでは、家族総出で陣取り、餃子やソーセージなどをパクつく姿をよく見かけます。


スポンサードリンク

 定額料金のバイキング形式のレストランでは、自宅からタッパーを持ってきて、料理を詰め込んでいく人の何と多いことか。


 以下は朝鮮日報の記事ですが、こうした韓国人の習性をよくまとめている出色の出来なので、全文を掲載します。

 以下は記事タイトルと、それに続く本文です。

「タダだから」韓国イケアで売場用鉛筆を持ち帰る客が続出
 度を越した「無料品持ち帰り」、ネットで批判
 「3万ドル時代、成熟した市民意識はどこに」

 「5回も使っていません。状態は良好。北欧の感性が感じられる鉛筆、売ります」
 10日午前、インターネット上の中古品売買サイトに「京畿道光明市のイケア・コリアから持ち帰ってきた」鉛筆を3000ウォン(約325円)で売るという書き込みが掲載された。
 スウェーデン発の大手家具販売店「イケア」は世界各国の店舗に長さ8.5センチの鉛筆と巻き尺を用意している。客が家具の寸法を計ったり、買い物リストをメモしたりするときに自由に使えるよう備え付けてあるものだ。
 その鉛筆を持ち帰り、売って金をもうけようというのである。
 書き込みには「全世界のイケア店舗で鉛筆がなくなってしまうのは韓国だけ。国の恥さらしだ」というコメントが多数付いていた。

 売り主はこうした批判を受けて「韓国の消費者の行動をこっけいに表現し、『市民意識』について公の場で議論化しようと意図的に掲載した」と書き込んだ。

 イケア・コリアではスウェーデン本社に鉛筆を緊急発注し、10日午後に補充していたことも分かり、各ポータルでは「イケア鉛筆こじき」という言葉が検索ワード上位に登場した。

 だが、「イケア鉛筆こじき」騒動を知った流通業者や宿泊施設関係者は「今さら驚くようなことでもない」と話す。これら関係者は「無料なら洗剤でも飲む恥知らずな一部の客の行動は赤面ものだ」と話した。

 倉庫型ディスカウントストア「コストコ」の店舗には「タマネギこじき」という言葉がある。
 売場の軽食コーナーではホットドッグ用タマネギを好きなだけ詰められるようになっているが、ビニールパックや密閉容器を持ってきてタマネギを詰められるだけ詰め込み、持ち帰る「ちゃっかり客」がいるのだ。

 コストコで10年以上買い物をしているチャンさん(60)=自営業=は「酒を飲みながら試食品を食べる人や、陳列された果物をやたらに味見する客がいるので、眉をひそめることも多い。韓国では1人当たりの国内総生産(GDP)が数年以内に3万ドルを突破するとの見通しもあるのに、市民意識はこれについていっていないようだ」と話した。

 ある大型スーパーでは、無料サービス品(おまけ)が付いている商品の会計を済ませた後、無料サービス品だけを持ち帰り、商品を返品する客に頭を痛めている。特に、コーヒーミックスを返品する人が多いという。


 店舗スタッフ(57)は「160包入りのコーヒーミックスには無料サービス品としてコーヒーミックス20包やマグカップが付いているが、会計を済ませた後、無料サービス品だけを持ち帰り、商品だけ返品する客が1日3人くらいいる」と語った。
 レジのスタッフが「無料サービス品も一緒に返品しなければならない」と言うと、そうした客たちは「もともと付いていなかった」ととぼけたり、逆に抗議したりするケースが多いため、スタッフもあえて見なかったふりをするという。

 同じ店のチキンナゲット試食コーナーで働くキムさん(41)は「先週の日曜日夜に家族連れが試食コーナーを歩き回って試食品を食べあさったため、ほかの客から抗議があった」と語った。

 ソウル市内のある女子大に近いモーテル街からは「宿泊に来た学生が部屋にあるものを盗んでいくため商売にならない」という業者たちの恨み節が聞こえてくる。
 客室が22室あるモーテルでは1日もたたないうちにシャンプー、ボディソープ、クシなどがなくなり、部屋を掃除するたびに新品を置くのが日常茶飯事になった。

 モーテル経営者は「大学街の近くでは一人暮らしをしている学生が多いからか、生活用品を持ち帰られることが多い」と話した。スリッパやベッドの上に掛ける高級カバーまで週1回のペースでなくなり、コンピューターのマウスや本体の中の内部装置まで外して持ち帰る人もいるという。

 モーテル経営者のカンさん(38)は「モーテルの新規オープンやリニューアル情報がスマートフォンのアプリですぐに伝わる時代なので、これを見て、いいモーテルばかり訪ね歩き、物を持ち帰る悪質な客が多い」と教えてくれた。
 モーテル側の対策としては結局、質の低いシャンプーを置いたり、使い捨て製品を使うしかないというわけだ。

 近くの別のモーテルの支配人(31)は「8000ウォン(約870円)以上の皿が2日に1回のペースでなくなる。ピザやパスタを簡単に入れて部屋で食べることができるフードバーをフロントに設けたが、皿がどんどんなくなるので、やめるべきかどうか悩んでいる」と嘆いた。

 建国大学のイ・スンシン教授(消費者情報学)は「自分が無料サービスを独占すれば、ほかの消費者に被害が出て、長い目で見れば自分にもその影響が返ってくるということに気付くべきだ。今や自分一人だけでなく社会のことを考える『成熟した消費』のあり方を考えなければならない時期だ」と語った。
イ・ギムン記者
(ここまで引用)


 どうですか?

 韓国紙の記者がここまで批判的に書くということは、同じ韓国人としても、こうした行為に相当苛立っているのでしょうね。

 もちろん、韓国人のすべてがこうした行為をするわけではありませんが、問題は相当な割合の人がこうした行為を「恥ずかしい」とか、「エチケット違反」とか、思っていないことなのでしょう。


 日本人なら、絶対に恥ずかしくてできませんね。


posted by 永遠の旅行者 at 21:35 | ソウル | Comment(0) | 格差と対立の韓国社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。