2015年02月09日
ソウルは寒波、いきなりの吹雪に 悪評の映画「ジュピター」の観覧取りやめ
 本日のソウルは寒波の影響で最低気温がマイナス12度まで下がり、昼間も氷点下のままです。
 北風がかなり強く、夕方近くにはついにボタ雪が降り始めたと思ったら、いきなり吹雪きになってしまいました。

20150209_145855.jpg


スポンサードリンク

 昼過ぎに所用で外出した嫁さんから「目が痛いほどの寒さなので外に出るな」という命令を電話で受け、今日は自宅で次の旅行計画を練ることに。

 そして夕方の吹雪を見て、「外出しなくて良かった」と思いました。
 嫁さんも雪が激しくなる前になんとか帰宅しましたが、夜のうちにこの降雪が踏み固まり、明日は路面がツルツルになりそうで注意が必要です。


 あと1週間で旧正月の休暇シーズンに入りますが、今年は寒そうですね。
 昨年はこの時期、比較的暖かい日が多かったのですが‥。


 ところで、本日は嫁さんと一緒に、ラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督のSFアクション大作「ジュピター」を観に映画館に行くことを検討していましたが、先行公開された米国での評判がメチャメチャだったので、見送りました。

 映画館に行っていたら、今ごろは予想外の雪のため、帰路で交通渋滞に巻き込まれて散々な目に遭ったでしょう。
 本当に幸運でした。
 やはり嫁さんの命令には従うものです。(笑)


 まあ、こうして天候が悪い日や体調が今ひとつの日に、直前になって外出を取りやめることができるのは、退職者の特典ですね。


posted by 永遠の旅行者 at 15:53 | ソウル | Comment(0) | 日常、グルメ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。