2015年02月08日
ソウル観光、路線熟知すればバスが便利 交通カード使用なら地下鉄との乗り継ぎ割引
 本日はソウルの市内バスについて触れてみたいと思います。

20150116_145713.jpg


スポンサードリンク

 ソウルは東京や大阪のように地下鉄がかなり整備されています。
 ただ、東京なら都心だけでなく、横浜、川崎、千葉、埼玉など首都圏の比較的広いエリアが地下鉄と、相互乗り入れする私鉄、JR各線だけ利用すれば、十分に行き来できますが、私鉄がなく鉄道網が貧弱な韓国の場合、そうはいきません。

 そこで登場するのが多様な路線を持つバスです。


 今回はこの中でも、ソウル観光で役立つ市内バスについて書きます。

 地下鉄と違い、バスは乗り降りの際の英語案内はなく、バス停の路線表示もハングルだけの場合がほとんどなので、観光客のみなさんはバス路線について詳しく説明しているガイドブックなどで、自分の目的地に向かうにはどのバスに乗ればよいか、しっかり下調べをする方が無難でしょう。

 ただ、バスは色と番号で誰でも明確に路線を区別できるので、これさえチェックしておけば、鬼に金棒です。
 ソウル市内とその周辺には網の目のような細かいバスルートが整備されており、運賃も安いので、「外国人に法外な料金をふっかける」と悪評のある一般タクシーに乗るよりはるかに安全、安心かもしれません。

 ただ、日本に比べ運転は荒いので、乗車中はかならず着席するか、満席ならしっかり吊り輪をつかんでおかないと、急ブレーキ頻発でふっとばされかねません。


 まあ、それでも昔に比べたら安全運転になりました。
 10年ほど前までは、韓国のバスは停留所があっても、その前で止まらず、かなり離れた場所に適当に停車、乗客は目的のバスが近づくと、全力疾走して飛び乗るのが当たり前の光景でした。

 ラッシュアワーの時間帯には、停留所近辺に2重、3重に停車し、その車体の合間を縫って乗り降りする人々が行き交います。
 「こんな調子で、みんな怖くないのかな」と感心したものですが、実際に歩行者やバイクとぶつかる交通事故は頻発していました。


 話は少し逸れましたが、とにかくソウルのバスは便利ですよ。

 李明博前大統領がソウル市長時代に公共交通体系を抜本改革したおかげで、主要道路の中央に「バス専用車線」が出来ており、ラッシュアワーでもバスは比較的スムーズに運行できるようになりました。
 約束があったり、観光スケジュールの制約がある場合、タクシーよりも確実な交通手段といえます。


 ソウルのバスは4種類に区分され、車体の色でいうと、市内の長距離を運行する幹線バス(ブルー)、幹線バスや地下鉄と連絡したり、近距離を走る支線バス(グリーン)、ソウルと首都圏各地域を結ぶ高速の広域バス(レッド)、ソウル市内の主要エリア内を循環する都心循環バス(イエロー)があります。

 運賃は、現金もしくは交通カード(T-moneyカード)を利用します。

 ソウル市内をはじめ、全国各地で使用可能なプリペイド式のIC交通カードで、日本の「SUICA」や「PASMO」、「Icoca」のようなもの。
 日本と同様、地下鉄、バス、タクシー(T-money表示のある車のみ)のほか、コンビニなど定められた店舗でも使用可能。
 バスや地下鉄で、この交通カードを利用すると、現金の場合よりも運賃が100ウォン引きとなり、ちょっとお得です。

 駅の自動販売機やコンビニで購入し、自分で必要額をチャージすればOK。
 韓国旅行の際は是非、1枚持っておくことをお薦めします


 T-moneyを利用すれば、初乗り10kmまでの基本料金は1,050ウォンで、以降5kmごとに100ウォン追加。
 地下鉄と市内バス、または市内バス同士の間で乗換えをしても、10km内であれば追加運賃は発生せず、10kmを超えても同一の地下鉄・バスに乗り続けたと見なして加算されるだけなので、現金でそれぞれ運賃を払うより断然、お得。

 ただし乗換えは30分以内(21:00〜翌7:00は60分以内)に行う必要があり、乗換え回数は4回まで。
 地下鉄から地下鉄へ乗換えたり、バスから一度降りてまた同じ番号のバスに乗る場合は適用されないので、注意が必要です。


 あと、各区ごとに「マウルバス」と呼ばれる、やや車体の小さい緑色のバスが走っており、かなり狭い範囲内で細かく停車するので、路線を熟知すればこれも便利です。
 運賃も交通カード利用時750ウォンと割安です。

 観光客の場合、景福宮から北漢山方面や三清洞などを回ったり、江南方面で街歩きする場合に利用しても良いかもしれません。
 番号は「01」から「04」ぐらいまでで、地下鉄駅前の停留所は一般のバスと同じ場所ですが、まったく独自の場所に停まることも多く、これも注意が必要です。

20150212_104205.jpg


posted by 永遠の旅行者 at 13:15 | ソウル ☀ | Comment(0) | 日常、グルメ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。