2015年02月07日
アリリタ生活の健康法はゴボウ茶とタマネギジュース 真夏と真冬は気軽な屋内ウォーキング
 本日は私と嫁さんの健康法について書いてみたいと思います。

 「健康法」といっても、それほど特別なものではなく、医師の著書や科学的なダイエット本などに出てくる話の中から、私たちの志向やライフスタイルに合うものを選択的に取り入れ、日常生活に生かしていく方式です。




スポンサードリンク


 ただ、韓国のテレビ番組でも健康情報が溢れており、良さそうなものがあれば検証した上で、たまに取り入れていますが。


 とにかく最も基本的なことは、適度な運動と、バランスの良い食事ですが、体の代謝をよくしたり、免疫力を高めるとされる食物を意識的に摂取することも心がけています。

 日常生活で私たちが重視したり、基本原則としている事柄を思いつくまま記すと、以下のようになります。

 (1)タマネギ、ニンジン、キャベツ、ネギ、ニンニクをじっくり煮込んだ特性ジュースをつくり、毎日飲む
 (2)ゴボウ茶をつくり、毎日しっかり飲む
 (3)パンや麺などの小麦粉食品をなるべく避ける
 (4)砂糖とナトリウム、トランス脂肪が多く入っているので菓子類をなるべく避ける
 (5)コーラを含め市販のジュース類を可能な限り口にしない
 (6)肉を食べる際、脂部分はできるだけ取り除く
 (7)自宅での料理の際には塩分を可能な限り抑える
 (8)魚嫌いの夫婦なので、せめて煮干しを意識して食べる
 (9)ケーキ類を食べるのは、なるべく記念日だけにする
 (10)ピザ、パスタは1カ月に1回程度に限定
 (11)ハンバーガーを食べるのは映画館だけに限定
 (12)ご飯やモチ類といった糖質を過剰摂取しないよう注意
 (13)肉や豆腐といったタンパク質の摂取に心がける
 (14)自宅でのご飯は、玄米や多くの種類の雑穀を混ぜて食べる
 (15)野菜や果物は中国産を購入しない
 (16)一般の粉食店や価格が安い店で出てくるキムチは中国からの輸入品であることが多いため、店の自家製と確認できない限り、なるべく口にしない
 (17)海外旅行時は、ケーキやお菓子類も自由に食べて良いことにする


 どうでしょうか。
 完全ではありませんが、私たちは本来、脂っぽいものや味付けの濃い料理が好きではないので、上記のような原則をあまりストレスなく実行しています。

 お腹の脂肪を減らしたり、コレステロールの減少効果も確実にありました。

 ただ、毎日のコーヒーだけはやめられないので、なるべくブラックか、それに近いものにしてます。


 「適度な運動」は、ものぐさでジム通いが続かないため、真夏と真冬以外は、2人で屋外をウォーキングします。
 ソウルの真夏は東京並みに暑いですし、12月〜2月までの真冬は氷点下の世界。
 特に真冬は、中国からやってくるPM2.5の濃度が高い日も多いです。
 よって、この期間は、大型ショッピングモールやデパートめぐりをしながら、暖かい場所でウォーキングをすることになります。

 衝動買いに気をつけなくてはね。(笑)



posted by 永遠の旅行者 at 17:14 | ソウル ☁ | Comment(0) | 嫁と一緒に健康づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。