2015年02月05日
増税進めながら「ゴルフ活性化」とは!! 朴槿恵大統領のKY発言にネット上で批判噴出
 支持率低下に歯止めがかからない朴槿恵大統領。
 「増税なき福祉」という政権公約にしがみつくあまり、必要な税制改革や健康保険改革さえ事実上、撤回。
 政府は、事あるごとに国民の顔色を見ながら右往左往し、その場しのぎの対応を取り続ける悪循環に陥っています。


スポンサードリンク

 与党セヌリ党からも「増税のない福祉など不可能であり、そのような言葉で政治家が国民を欺くのは間違っている」(金武星代表)と三行半を突きつけられ、四面楚歌の状態。


 こうした中、野党寄りのハンギョレ新聞に、おもしろい話が出ていました。
 朴槿恵大統領が今年10月に仁川市・松島で開かれる「2015ザ・プレジデンツカップ」ゴルフ大会の話を取り上げながら、ゴルフ活性化策を指示したのを受け、崔Q煥(チェ・ギョンファン)経済担当副首相が特別消費税引き下げの必要性を説明したと報じられ、インターネット上で「国民の暮らしとかけ離れた発言」と非難の嵐が起きているそうです。

 以下に引用します。

 朴大統領は3日午後、大統領府での閣議前のティータイムで、「今年10月にプレジデンツカップがある。韓国でそうした大きな大会が開かれるのに、ゴルフが低迷している。活性化のために少し力を貸してほしいという建議を何度も受けた」とし、「ゴルフ活性化についても方案をつくって欲しい」と話した。

 これに対して崔副首相は「韓国ではおっしゃる通り、ゴルフに特別消費税や個別消費税などがひどく、大勢の人が海外に行っている」と答えた。韓国でゴルフ場を利用する時に特別消費税や個別消費税が負担になるので海外のゴルフ場に向かうから、関連税金を引き下げて韓国内のゴルフ場利用を誘導しなければならないという趣旨の話だった。

 このニュースが知らされると、ネチズン(ネット市民)たちはSNSと関連記事コメント等を通して「朴大統領は、庶民の厳しい暮らし向きは眼中にない」と強く批判した。

 チン・ジュングォン東洋大学教授は3日夜、ツイッターで「朴大統領、いきなり“ゴルフ活性化方案”つくれ…。 崔副首相は直ちにゴルフに賦課されている特別消費税引き下げの必要性を提起した」という関連記事をリンクした後、「庶民増税、ゴルフ減税。この方はついに正気を失ったか」と批判した。このツイートは4日正午現在で1339回もリツイートされ広く共感を得ている。

 ツイッター利用者“who am I(@gadi55b)”も「朴大統領がしたことと言えば、海外に行って(外国首脳らと)対話してきて、責任を追及して、突然タバコを値上げして、年末調整で庶民に負担をかけ、今度はゴルフしてもいいと…。ユーモア1番地か?」と批判した。
  また別の利用者“ティエン(@usb_surisan820)”は「朴大統領がゴルフ活性化を指示しました。ゴルフをしたくても、日々の暮らしもしんどくて出来ない庶民については、考えてみましたか?」と指摘した。
(ここまで引用)


 野党寄りの新聞なので、「朴槿恵批判」を展開するのは当然なのですが、政権に厳しい世論の雰囲気を知っているはずなのに、大統領側が「絶好の批判ネタ」を提供してしまったわけです。

 ただ、こうした「空気」が読めなくなっているところも、朴大統領がもはや、完全な「裸の王様」状態に陥っている証拠なのかもしれませんね。


 一方で保守メディアからは、朴大統領がゴルフ活性化に言及したのは「大統領府の『ゴルフ禁止令』が事実上解かれた」サインだ、として歓迎の声も出ています。

 政権発足当初の閣議で、朴大統領は「安保が危機を迎えた時、現役軍人がゴルフをした。特に注意してこういうことがないようにしてほしい」と注意しました。
 これは朴大統領が大統領府の高官らに対し、事実上の「ゴルフ禁止令」を出したものと受け取られ、他の省庁の官僚も「ゴルフはまずい」と震え上がったようです。

 大統領はその後も「ところで首席秘書官がゴルフをする時間などあるのだろうか」と発言。
 頑固な大統領が「ダメよ」と言った以上、政権内でゴルフの話を禁句になったといいます。

 今回のゴルフ発言について、中央日報のイ・ジョンジェ論説委員はコラムで「公務員が少しゴルフをしたからといって景気が回復するわけではない。しかし経済は心理だ。富裕層が財布を開くような雰囲気を作ってこそ消費が回復する。通貨危機直後の金大中大統領の例もある。金大中大統領はなんとか景気を回復させようと周囲にゴルフを勧めた」とし、景気回復の一助にもなる「朴槿恵の変化」として肯定的に評価しています。

 このコラム。「永田町政治」ならぬ、「汝矣島(ヨイド)政治」(「汝矣島」は韓国の主要政党本部や国会の所在地で、日本の「永田町」に相当する場所)に染まった記者の見方としては、ある得るのでしょうが、韓国の庶民の雰囲気からするとKYな感じですね。


posted by 永遠の旅行者 at 16:46 | ソウル 🌁 | Comment(0) | 韓国政治 反日の朴槿恵政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。