2015年01月26日
「少女時代」ユナ、中国で三国志ドラマのヒロインに 進出本格化、日本の韓流衰退で?
 先月のニュースですが、書き忘れていたので。

 韓流ブームが終焉した日本でも、一定の人気を保っているガールズグループ「少女時代」。
 そのメンバーの1人、ユナが中国ドラマに初挑戦するそうです。




スポンサードリンク

 ドラマはの題名は「武神・趙子龍」。
 「趙子龍」とは、三国志に登場する「蜀」の将軍で、劉備を主君として関羽、張飛とともに大活躍した英雄「趙雲」のことです。

 想像するに、三国志のサイドストーリーのような感じなのでしょうね。


 中央日報によると、ユナはのヒロインにキャスティングされ、中国のトップ俳優ケニー・リン(林更新)と息を合わせることに。
 ユナが演じるヒロインは「ずば抜けた美貌と明るい性格」を持っており、自分の父親を殺した人が実は愛する人であることを知って苦悩するそうです。


 少女時代も日本での活動で稼いできましたが、やはり韓流衰退の影響は大きいのでしょうね。

 ユナも、このドラマをテコに、中国進出を加速させる思惑もあるのでしょう。
 きっと。

 少女時代の所属事務所「SMエンターテイメント」は、ここ2、3年、日本での売り上げ減少によって収益が激減して苦しいですからね。


 ユナが出演するドラマは、KBSの「総理と私」を見たことがあります。
 残念ながら、視聴率は5%前後と惨憺たる結果でしたが、私と嫁さんはユナのコミカルな演技が結構、気に入っていました。

 このドラマ、中盤以降の工夫が今ひとつで、最後はストーリーを追うだけになってしまい、中盤までのコミカルな演技で笑えたユナの良さが消えてしまい、残念でした。

 中国ドラマの「趙子龍」は、三国志ものでおもしろそうなので、韓国で放映されれば、是非観てみたいですね。





posted by 永遠の旅行者 at 06:00 | ソウル ☔ | Comment(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。