2014年12月22日
今年最高の韓国ドラマは「3days」 演技達者そろえ,緊迫感漂う演出
 今年も残すところ10日となりました。

 韓国では年末になると、テレビの地上派キー局3局がそれぞれ、その年に放映されたドラマや芸能番組の中から、優秀な作品や俳優、作家などを表彰する派手な授賞式が開かれ、特別番組として放映されます。

 毎年の恒例で、自局のPRと、来年の番組の宣伝を兼ねたものです。




スポンサードリンク

 韓国のキー局は、日本のNHKに相当する公営のKBS、そして民間放送のMBCとSBS。
 KBSは公営といっても、受信料を取るだけでなく、普通にCMを流して収益を得ています。


 韓国人の多くは団地形式のアパート(日本のマンションに相当)に住んでおり、ケーブルテレビの普及率が8割ほどに及びます。

 このため、最近はケーブル専門局の番組が5%前後の視聴率を取ることもしばしば。中には地上派を追い抜くケースもあります。

 日本以上にインターネット社会の韓国では、おもしろい番組なら、すぐにネットで評判となり、みんなが競って見るようになるからです。


 最近も財閥CJグループが保有するケーブル専門局「tvN」が制作したバラエティー番組「三度の食事」が、最高で10%近い視聴率を獲得。
 同じ時間帯に放映された地上波のすべての番組を追い抜き、堂々の1位となり、話題になりました。

 この番組は、江原道の、とある田舎にやってきた俳優イ・ソジンと、2PMのテギョンが、農家で暮らしながら、畑で育った食材と家にある調味料、調理器具を使って、1日3食の食事をつくり、食べる姿をコミカルな演出でつたえたものです。

 私たち夫婦も毎週、欠かさず見ていましたが、久々に大笑いしました。

 日本でも来年1月にM-netTVで放映されるということですね。


 ところで、個人的に今年最もおもしろかったドラマはSBSの「3days(スリーデイズ)」でした。

 ドラマは現職大統領の暗殺未遂事件から幕を開けます。
 仕組んだのは韓国の財閥トップ。
 実行犯は、大統領の命を守るはずの警護室幹部。

 実は大統領は過去に財閥トップと組んで、北朝鮮の軍部に金を渡し、韓国でテロ騒ぎを起こさせたスキャンダルを抱えています。
 で、金儲けのためにさらなるテロ事件を夢想する財閥トップの暴走を止めるため、大統領は過去のスキャンダルを暴露しようとして、両者の死闘が繰り広げられる、というものです。

 ストーリーは荒唐無稽な部分も多いのですが、まあ、ハリウッド的なスリルとアクション満載の娯楽劇として、最後まで緊張感を緩めることが出来ない秀作でした。


 大統領役は演技派のソン・ヒョンジュ、財閥トップ役はチェ・ウォニョン。大統領を助ける警護官に東方神起のパク・ユチョン、それにパク・ハソン、ソ・イヒョンの若手女優陣が活躍します。
 形式上の主演はパク・ユチョンですが、実態は大統領と財閥トップの演技合戦。
 他にも芸達者な中堅俳優が多く出演し、ドラマの厚みを増しています。

 視聴率は14%ほど。最近の韓国ドラマは、視聴率が10%を超えれば、「まあ、一安心」と言われるので、お年寄りに受けない内容のわりには、善戦していました。

 日本でもKNTVで夏に放映したようですね。
 見逃したみなさんも、機会があれば,是非見てみて下さい。







posted by 永遠の旅行者 at 18:31 | ソウル ☀ | Comment(0) | 結構ハマる韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。