2014年12月09日
ソウルは晴天 寒波の前の静けさ?
 11月中旬の台湾旅行から韓国に戻ってくると、身を切るような寒さに見舞われました。

 特に先週は連日、どんよりした空模様で、数センチの雪が積もる日も。おまけに薄い黄砂までやってきました。

 ところが今週はうって変わって、昼間は日差しが降り注ぎ、寒いながらも「チョッとだけ、ほんわか」となるプチ陽気。今日はすがすがしい青空で、久しぶりに屋外で1時間ほどウォーキングをしました。


20141209_141039.jpg
(自宅アパートの前から見上げた空)


スポンサードリンク

 運動不足になりがちな冬。零下10度とか、15度になることもあるソウルだけに、デパートや大型ショッピングモールで「買い物がてらにウォーキング」という日が多くなります。嫁さんも私もジム通いが長続きしないため、どうしようもありません。

 あと、ソウルの冬は中国からやってくるPM2・5の濃度が半端ではない時があり、屋外での運動には大敵です。

 みなさんも、カゼには気をつけて。


 P.S 11月中旬に嫁さんと台湾旅行に行き、その様子をこのブログで公開しています。
     よかったらのぞいてみて下さい。


posted by 永遠の旅行者 at 20:13 | ソウル | Comment(0) | 日常、グルメ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。